東京リベンジャーズ・ヒナタの魅力を解説!名言・名場面で一番好きなシーンについても
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ』って面白いですね!

えっ? 今頃って声が聞こえてきたような気がするけど・・・

流行に疎い私は今頃なのよ。^^;

東京卍リベンジャーズ』って年代・性別問わずに楽しるマンガだなって思います。

『鬼滅の刃』のように老若男女が引き込まれる作品だって思ってる。

そんなわけでおばちゃんも引き込まれている『東京卍リベンジャーズ』です。

引き込まれている理由の一つは、ヒナタの存在が大きい

ヒナタはかわいいし、かっこいい!魅力的な女子生徒ですよね。


そこで、今回は、『東京卍リベンジャーズ』の主人公タケミチの彼女だったヒナタ(通称ヒナ)に焦点を当てて、ヒナタこと橘日向の魅力について解説していきます。

また、ヒナタの名言・名場面についても紹介していきます。
(これはいつもながら私の独断と偏見で選んでいるものです!)

東京リベンジャーズ・ヒナタの魅力


ヒナタこと橘日向は、『東京卍リベンジャーズ』の主人公であるタケミチの彼女です。

主人公よりもずっとずっと男前の彼女。

えっ? 彼女が お・と・こ・ま・え ってどーいうこと?


そうなんですよ。

ヒナタはね、タケミチに対して、「ヒナが守ってあげる」って笑顔で言うんですよ。

そしてね、「ヒナが守る」って言うだけじゃなくて本当に守ってくれるんですよ。


男前な彼女っていうのがとても新鮮に映りました。

では、ヒナタの魅力的な部分についてみていきましょう。
 

モテモテのヒナタ

ヒナタはとってもモテる女子生徒なんです。


2組の橘さんが稲垣の事好きだってさ

『東京卍リベンジャーズ』の一コマより

そんなヒナタがタケミチを好きだという噂を口にして、囃し立てる女子生徒

橘さんって他中の男子も見にくるぐらいモテるんだよ

『東京卍リベンジャーズ』の一コマより

女子生徒が、ヒナタが他校の男子からもモテていることを発言していることから、すっごくモテモテのヒナタであることがわかります。


「なんでお前がモテるんだ?」と不思議がる同級生の男子

なんで、タケミチがヒナタにモテるのか、たしかに不思議ですよね。

うーん。(・~・?)


タケミチは、2年のイケてる不良グループのナンバー2だったから、ヒナタも関心を持っていたのかもね。

天然なヒナタ

ヒナタは勉強もできるし、かわいいし、優しいしといいとこばかり

でもね、天然なところもあるんですよね。

その天然なところもヒナタのかわいいところ


どう天然なのかは、このシーンで証明してくれます。


エマからね、エマとマイキーが兄妹だと聞いていたの。

それなのにね、エマがマイキーに会っているところを目撃して、「浮気をしている!」と思い込んじゃったのよ。

思い込むだけならいいんだけど、浮気しているんじゃないかと疑いつつ尾行までするという・・・

ドラケンの彼女であるエマが、マイキーと浮気している。

「これはただ事じゃない!」ってメラメラと正義感が沸き上がってきて、尾行するという行動になってしまったんだろうね。


おいおい、ヒナタ、エマから、「エマとマイキーは兄妹だよ」って聞いていたよね?って突っ込みいれてしまった私。

こんなとんでもないというか、面白いというか、ハチャメチャというか、天然な一面も持っているヒナタ。

こういう天然なヒナタも魅力の一つですよね。私はこんなヒナタが好きだな。

あなたはどうですか?

ヒナタの意外な一面(天然ってことね)もかわいいですよね~。
 

優しくて面倒見のいいヒナタ

ヒナタはただ単に優しいだけじゃありません

面倒見もいいんですよ。

ヒナタが優しくて面倒見がいいと感じた根拠は以下の通り。


電車の中で、3人組男子がぎゃははと大騒ぎしているところを、ヒナが「幅取り過ぎだよ!!」と注意する。
 すいているときならいいけど、お年寄りが立っているから、空けてあげようって言うの。
 大騒ぎしていた3人組も素直に席幅を狭めてくれて、お婆ちゃんが座れるようにした


タケミチが勉強できていないことを知っているのか、ちゃんと勉強しようと言ってくるヒナタ
 ヒナが勉強教えてあげる!と言って自分の家で勉強しようと提案してくる
 実際にヒナタの部屋で勉強を始める。


どうですか。

タケミチもヒナタが周囲のことを気遣って、思っているだけ中くてちゃんと行動に移している姿を目の当たりにして、「ヒナタってすげぇ」って言ってましたからね。

ヒナタの名言・名場面で一番好きなシーン

一番好きなシーンは、

「ちょっと待って!」

とマイキー、ドラケン、タケミチに声をかけて、スタスタと3人の方へ歩いていくヒナタ。

バチーンとヒナタがマイキーの右ほほに平手打ち

タケミチくん、行こう

こんな人たちの言いなりになっちゃダメだよ ヒナが守ってあげる

と言って、タケミチの腕を引っ張って歩くヒナタ。

手はガタガタと震えている。

『東京卍リベンジャーズ』の一コマより

マイキーとドラケンが、タケミチの学校に訪れて、タケミチを半強制的に連れていこうとする場面です。

昇降口のところで、マイキーに向かってヒナタは平手打ち(いや、ビンタだな)を食らわします

あの恐るべしマイキーにビンタをするんですよ!

タケミチ、真っ青!

なんてことを!って絶叫したくなるシーン。

でも、ヒナタは本当は内心ブルブル震えているのに、タケミチを守ること、守りたい一心で上記のような行動に出てしまいます


マイキーも一瞬何が起こったのか、よく理解できなかったようで。

おらーってなるんです。


でもね、マイキーは女子には手を上げないよって。
(正式には、マイキーは、「オンナには手ぇ出すワケねーじゃん」って笑顔でタケミチに言うのです。)


ここのヒナタがタケミチのことを心配して、「ヒナが守ってあげる」という言葉通りに行動したシーンが一番の好きなシーンなんです。

ある意味無鉄砲すぎるんだけど、タケミチを守る!というすごい使命感でヒナタは行動する。

こうやって思っていることをきちんと行動に移せるヒナタ、かっこよすぎます。

あなたが旦那ならよかったのに・・・なぁんてね。(^_-)-☆

まとめ

東京リベンジャーズ』のヒナタの魅力は、

モテモテのヒナタ

校内だけではなく、他校の男子生徒からも人気のあるヒナタ、モテモテですね

天然なヒナタ

エマからエマとマイキーは兄妹だと聞いておきながら、エマとマイキーが二人でいるのを目撃し、浮気してる!って勘違いをし、尾行までした。
これは、天然すぎるでしょ。
こういう天然な部分もあるヒナタも魅力的です。

優しくて面倒見のいいヒナタ

電車で老人が立っている姿を見て、騒ぐ3人組の男子生徒に注意して、老人が座れるようにもっと席を詰めてね、と注意できる。

タケミチが勉強があまりできないので、ヒナタの家で一緒に勉強しようと言って、教えてくれる。



ヒナタの名言・名場面で一番好きなシーンは、

マイキーとドラケンが、タケミチの学校に訪れて、タケミチを半強制的に連れていこうとする場面。

昇降口のところで、マイキーに向かってヒナタは平手打ち(いや、ビンタだな)を食らわしたところね。

なぜ、マイキーに平手打ちをしたのかと言うと、最近タケミチがケガばっかりしてて、その原因がマイキーやドラケンだと思い込んでたから。

要はタケミチを守りたい一心での行動だったんだよね。

ヒナタ、かわいいだけじゃなくて優しくて、男前すぎる行動もできるかっこいい子だよね。


ヒナタがどんだけ男前でタケミチのことを大切に想っているのかをもっともっと知りたい方はこちらをどうぞ♪

\マンガを無料で読みたい方はこちら/

U-NEXTに初回登録すると、600ポイントが付与されます。

ポイントを使えばマンガを無料で読むことができますよ。


【関連記事】
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

また、次回のブログでお会いしましょう。(^^)/~~~

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事