【トイ・ストーリー3】ロッツオの最後とその後は?悪者になる経緯や過去についても
スポンサーリンク

トイ・ストーリー3って切なくなる映画ですよね。

トイ・ストーリー2から11年経っての映画。

映像技術がすごく進化していた。とっても綺麗な映像なの。

特に、景色とか焼却炉とか。

とある場所からの「脱獄アクション」の面白さもありつつ、
少年から青年へと成長したアンディとおもちゃとの別れの切なさもありつつ、
とても泣ける映画です。

公開当時から絶賛の嵐だったというのは確かに頷ける話です。

そんなトイ・ストーリー3ですが、今回は初登場ロッツォに焦点を当てて、ロッツォの最後とその後について述べていきますね。


もし、まだご覧になっていない方はこちらの予告編をご覧ください。



ロッツォが悪者になる経緯や過去

画像はDisney/Pixar様よりお借りしました。
今までのトイ・ストーリーには登場していなかったロッツォ。

いちごの香りのするピンクのかわいいくまのぬいぐるみ。

ふかふかしていて、ハグされるととっても気持ちのいいぬいぐるみ。

なんかとっても優しそうな雰囲気のあるぬいぐるみ。

これが、最初の印象でした。うーん、かわいい!

実はロッツォは独裁者だった

物語が進むにつれて、最初の第一印象からだんだんとロッツォに対する印象が変わっていった。

だってね、ロッツォって優しい顔をした、独裁者だったってわかったから。

なぜ独裁者なのか?

それは、
新入りのおもちゃたちを粗暴な年少者の集まりである「イモムシ組」の相手にさせていたから。

「イモムシ組」はおもちゃを大切に扱うような子どもたちではなく、おもちゃで床を叩いたり、おもちゃで絵の具をつけて塗ってみたり・・・
おもちゃにとっては「イモムシ組」は恐怖体験のクラスだったんです。

「チョウチョ組」は園児の年齢があがるので、おもちゃを大切にして扱うことができるクラス。
このような穏やかな「チョウチョ組」にはロッツォを始めとするロッツォのお気に入りの仲間だけが入っていたのです。

新入りのおもちゃには「イモムシ組」の担当をさせて、その「イモムシ組」から逃げ出さないために囚人のように牢屋に入れていたんですよ。

ロッツォは「我々に絶えられない苦難を新しく強いおもちゃに引き受けてもらうんだ」と平然と言っていたのを聞いたときには「このクマ、狂ってるな」と思ってしまいました。


ロッツォを変えた悲しい過去とは?

独裁者のロッツォですが、実はもともとは優しいクマだったということもわかってきました。

ロッツォとビックベイビー、チャックルズはデイジーという子供のおもちゃでした。

特に、デイジーはロッツォを大切にしていて、どこへ行くにもロッツォと一緒でした。

「あんなに仲の良い子どもとおもちゃはいないよ」とチャックルズはデイジーとの過去をおこいだして話していましたね。

ロッツォは昔はとても良いクマだったそう。

ある日、デイジー一家がドライブに行ったの。

もちろん、デイジーのおもちゃたち ロッツォ、チャックルズ、ビッグベイビーも連れてね。

ピクニックに行って、お昼を食べた後、デイジーはおもちゃと一緒に野原で寝てしまったんです。

デイジーの母親は眠ったデイジーを抱きかかえて車に乗せて帰っていきます。

ロッツォ、チャックルズ、ビッグベイビーは置き去りにされてしまったの。

それでもデイジーが帰ってくると信じて待っていた。
でも、帰ってきてくれなかった。

3体のおもちゃたちはデイジーのお家までなんとかたどり着いたの。

そして、デイジーの部屋に入ろうと窓からデイジーを見ると・・・

ロッツォの代わりに、デイジーはピンクのかわいらしい別のクマのぬいぐるみ(ロッツォ2代目)を抱きかかえていたの。

それを見たロッツォは相当ショックを受けた。

そして、そのショックによって、ロッツォの中で何かが変わってしまった。
そして、なにかが壊れてしまった。

(これって、好きな人がいたときに相思相愛だったのに、ある日突然、好きな人に別の好きな人が出来て別れを告げられた人のような感じなのではないかと勝手に想像してしまった。)

ロッツォ独裁者の道へ

置き去りにされたピクニックの場所からなんとかデイジーの家までたどり着いたロッツォたち。

でも、遅すぎた。

ロッツォの代わりに、別のピンクのクマのぬいぐるみがいた。

代わりがいたのはロッツォだけ。

(これって、ロッツォが相当可愛がられていたという証拠だよね。ビックベイビーやチャックルズの代わりはいないのに、クマのぬいぐるみだけ代わりがいたんだから。)

代わりがいるほどに愛されていたロッツォなのに、ロッツォは「俺は捨てられた。愛されていなかったんだ。求められていなかったんだ」と勝手な思い込みでビックベイビーやチャックルズまで巻き込んでしまったんですよね。

ビックベイビーやチャックルズは本当はデイジーのもとに戻れるチャンスがあったのに・・・

ロッツォが勝手にビックベイビーやチャックルズに「デイジーに捨てられた、デイジーはもうお前なんか好きじゃない」って言い含めたんです。

特にビックベイビーはロッツォの言葉を信じてしまったんだよね。
(あとで、ロッツォに騙されていたと知って、ロッツォをゴミ箱に放り込むんだけどね。)

3体がデイジーの家から行く宛もなく彷徨った先に見つけたのが「サニーサイド保育園」だったの。

この「サニーサイド保育園」を見つけて、ロッツォはサニーサイトを乗っ取り、思いのままにしていったんですよね。

独裁者ロッツォの最後とその後について

ロッツォの天下だったサニーサイド保育園。

でも、サニーサイドでひどい目にあっている仲間たちを救出するために現れたウッディによって、ロッツォは意外な結末の最後となります。

意外な結末は本当にハラハラ・ドキドキします。

だって、脱獄大作戦!みたいな感じなんですもの。

囚人が牢屋から脱獄して、平和な世界に逃れるようなもんだから。

(こんな説明でわかりますか?もうちょっと丁寧に説明するね。)

ロッツォに対するビックベイビーの仕打ち

ビックベイビーに本当のことを知られてしまって、怒ったビックベイビーはロッツォをゴミ箱に放り込むんです。

(だってね、ビックベイビーとチャックルズはデイジーに捨てられたわけでも、好きじゃなくなったわけでもないんですもの。
 すべてはロッツォの勝手な思い込みのせいですもの。)

ロッツォは最後の最後まで自己中!

サニーサイド保育園から脱出するために、ウッディと仲間たちもゴミ箱に入ってしまいます。

そして、ゴミ収集車がきて、ロッツォ、ウッディ、そしてウッディの仲間たちが収集車の中に放り込まれてしまいます。

ゴミ収集車がゴミを吐き出し、ベルトコンベアでゴミが焼却炉へと運び込まれます。

ベルトコンベアで行き着く先は焼却炉の熱い炎の中。

だから、ベルトコンベアとは逆の方向に一生懸命に走るウッディたち。

ロッツォは大きなゴミに押しつぶされそうになっていて動けずに助けを求めます。

ウッディはそんなロッツォを助けるんですよね。

(こんな切羽詰まったときでさえ、仲間(ロッツォが仲間と言えるか微妙だけど)を助ける精神に溢れているウッディ。すごい!)

ロッツォも仲間になったんだな、とホッとしていたら、
「焼却炉の停止ボタンがあること」をロッツォが見つけ、ウッディに教えます。

ウッディはロッツォが停止ボタンを押せるように手助けをして上にあがれるようにしてあげました。

てっきりロッツォが停止ボタンを押してくれるものだと思っていたのに、ここでも邪悪な気持ちを持ったロッツォは停止ボタンを押さずに、一人だけ助かって姿を消します。

(なんて悪いやつなんだー。ロッツォは本当に正真正銘の心の腐ったヤツなんだな。)

独裁者ロッツォに天罰がくだされる

ロッツォは一人、焼却炉行きのベルトコンベアから脱出し安心しているところを、ゴミ収集車のお兄ちゃんに拾われるんだよね。

そのお兄ちゃんは、ピンク色のぬいぐるみを見て、懐かしそうにするんだよね。

そしてこう言うの。

「このぬいぐるみ、ガキのころ持っていたんだ!イチゴの匂いがする!」ってね。


昔このぬいぐるみ持っていたということは、もしかして、このお兄ちゃんがデイジーなの?なぁんて想像してしまった。^^

そのお兄ちゃんはロッツォをゴミ収集車の前面に括りつけられて飾りにされてしまうんです。

(ある意味、磔の刑に処された感じですよね。)

ロッツォより前にゴミ収集車の前面に括りつけられているぬいぐるみたちに
「新入り、口は閉じておいたほうがいいぜ」って忠告されてますよね。

(たしかに口を開けていたら、なにが飛んでくるかわかんないもんね。ある意味、スリリングなドライブを楽しめるかも。。。ん? 意地悪ですか?)

この結末をみて、ロッツォにも天罰が下ったなと思うと同時に、ロッツォにも同じ境遇(車の前面に括りつけられているぬいぐるみたち)の仲間と一緒に、このお兄ちゃんに愛してもらえる(かわいがってもらえる)かもしれないという希望も見いだせたことがよかったなと思えました。

(天罰がこんなゆるい天罰ならいいよね。ただ、ジェットコースターのような乗り物が苦手な人にはこの天罰は恐ろしい罰になるけどね。ロッツォにとってはどうだろうね?)

ロッツォが独裁者から、以前の、そう、デイジーと一緒に遊んでいた頃のような優しい心のあるロッツォに戻れるチャンスになるかもしれませんね。

最後はやはりハッピーエンドで終わるので、よかったです。

ロッツォも楽しい人生になると良いね。(^_-)-☆


まとめ

 
今回のディスニー映画トイ・ストーリー3を観て思ったこと
・仲間はとっても大切だから大事にしよう
 ウッディって本当に仲間想いのいいヤツ。
 こんなすてきな仲間がいたら良いなっと思ってしまう。
 自分の人生を振り返って(私、いい大人なので)仲間を大事にすることって本当に大切なんだなと感じます。
 そして、そのような大事にしたいと思う仲間に出会えることもすごく重要なことなんだと思います。
 これからの人生、まだまだ新しい仲間にも出会うことになるので、大切にしていきたい。

・勝手な解釈は事故の元
 ロッツォをみていて、「勝手な思い込みは危険だな」ということがよくわかりました。
 私の周りでも「なんでそういう解釈をするの?」と不思議に思う方がいらっしゃいます。
 その人はまさしくロッツォなんですね。苦笑
 そして、私自身もロッツォみたいにならないように注意して(意識して)いきたいと思います。

 なんかすごい感想になってしまいましたが、今の私の率直な思いです。 


 このようにいろいろと考えさせてくれる映画「トイ・ストーリー3」は見る価値、大アリです。
 本当にいろいろな気付きができますよ。
 是非あなたもご覧になってくださいね。



他のアニメ映画記事

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事