東京リベンジャーズ・関東事変の抗争を解説!マイキーを狙う稀咲はどうなった?
スポンサーリンク

東京リベンジャーズ』では、いくつかの抗争が起きます

83抗争は、8月3日の武蔵祭りの時、血のハロウィンは、10月31日のハロウィンの日、聖夜決戦は、クリスマスに起こされたものです。

関東事変は、2月22日に起こされた抗争ですが、それ以前に天竺は東京卍會に奇襲をかけて、戦える主なメンバー(隊長・副隊長クラス)に相当なダメージを負わせました。

今回は、「関東事変」と呼ばれる抗争に焦点を当てて、抗争が起きた理由と目的について解説していきます。

なぜ抗争が起きたのか、抗争を仕組んだ人は誰なのか、どのような抗争であり何が目的だったのかについて説明していきますよ。

東京リベンジャーズ・関東事変の抗争とは?

関東事変は、2006年2月22日に起きた抗争

東京卍會(トーマン)と天竺の抗争。

本来の抗争とは少し違っていて、天竺は卑怯な手を使ってくる集団

拳一つでやる喧嘩の抗争ではなく、ズルイ方法での抗争を仕掛けてくる。
ガキ同士の喧嘩ではなくなってしまほど。

天竺の奇襲を受けた東京卍會の各隊の状況

天竺は東京卍會の各隊に奇襲をかけてきました

各隊の状況は以下の通り。

・抗争は2月22日20時から行うことになっていたのに、それ以前に、東京卍會の弐番隊隊長三ツ谷隆と肆番隊隊長の川田ナホヤ(スマイリー)が襲われて、入院する事態が起こる

壱番隊のタケミチ、千冬、溝中5人衆は天竺の奇襲にあっていてボロボロ状態

参番隊隊長の林田春樹(パーちん)は愛美愛主(メビウス)の総長長内をナイフで刺したことで自首し、少年院に入っている

伍番隊隊長の武藤泰宏(ムーチョ)はマイキーを裏切り、天竺へ寝返ってしまった。なおかつ伍番隊隊員も天竺へ加入してしまったという。

 また、ムーチョが黒川イザナへの土産として、九井一(ココ)を天竺に加入させた。

陸番隊隊長の半間修二はすでに聖夜決戦後に離脱しているため、陸番隊自体が存在しない

総長(マイキー)・副総長(ドラケン)にもダメージを与える

 稀咲は、マイキーの大事な妹である佐野エマをバットで殴って、死亡させてしまいます。エマの死亡により、マイキーとドラケンは失意喪失の状態となってしまう。

佐野エマが死亡する経緯

佐野真一郎の墓に佐野万次郎(マイキー)とエマがお参りしているときに、黒川イザナが現れます。

マイキーは、タケミチにエマを連れていくように指示した後、イザナと話をしている様子。

タケミチとエマは道路沿いでマイキーについて話していました

マイキーは外では強いけど、本当は弱い男の子であること。

マイキーの張りつめている糸が切れてしまったときには、エマ自身がマイキーを守ってあげると言うことをタケミチに語っていた

そのとき、バイクが走ってきて、エマを襲いました

エマの頭を金属バットで殴って走り去りました。

それは、半間が運転するバイクの後ろに稀咲が乗っていて、稀咲がバットでエマの頭部を殴ったのです。

(稀咲が自分自ら手を汚す行動をとるということはそれだけ重要なことだということですよね。)

倒れたエマはマイキーがおんぶして病院まで運びますが、運ぶ途中で息絶えてしまいました

エマの死亡によって、マイキーとドラケンは失意喪失

とても抗争をおこなえるような状況ではなくなってしまいました。

稀咲は、エマが死亡すれば、マイキーやドラケンは戦う力を失ってしまうことを予測していて、そのために、エマを死亡させた

(自分の望みを叶えるためには、善悪問わずになんでもありの稀咲って怖い男だ。)

関東事変の原因は?

関東事変の原因は、稀咲(キサキ)が東京卍會にリベンジしたいから、というよりはマイキーを操るために、抗争を起こしたもの

稀咲鉄太は東京卍會の参番隊隊長だったのに、マイキーに除名された

除名された後、稀咲はすぐに天竺へ赴き、天竺総長の黒川イザナに会い、参謀役として天竺に加入している。

天竺に加入した稀咲は早速、関東事変を起こすように手はずを整え、実行していく。

天竺が東京卍會のテリトリーである渋谷に乗り込んできたのも、稀咲の仕組んだこと。

とにかく稀咲は、自分がダークヒーローになること、それを目指している

ダークヒーローになって、日本の悪の世界を牛耳ることを目指している。日本一の不良になりたいのだ!

関東事変が2月22日に行われる理由とは?

2月22日というのは黒川イザナにとっては特別の日

きっとマイキーにとっても大切な日。

そして、黒龍(ブラックドラゴン)にとっても記念となる日。

そうです。

黒龍(ブラックドラゴン)の初代総長である佐野真一郎がチームを立ち上げた日が2月22日なのです。

黒川イザナは佐野真一郎に心酔していました。

施設に訪ねてきてくれた真一郎。

バイクやファッション、喧嘩の仕方などいろいろと教えてくれた存在。

黒川イザナの唯一の家族だった真一郎。

黒川イザナは佐野真一郎が立ち上げた黒龍(ブラックドラゴン)の記念日を関東事変の抗争日として設定したのです。

(乾青宗(イヌピー)の読みは正しかったというわけですね。(^_-)-☆ マイキーが関東事変が行われるとしたら、いつになると思うか?とイヌピーに相談していた時にイヌピーは2月22日と答えていました。)

マイキーにとっても、兄の佐野真一郎が黒龍(ブラックドラゴン)を立ち上げた日なので、大切な日ですものね。マイキーは真一郎が大好きだもん

黒龍(ブラックドラゴン)のメンバーにとっても、初代総長である佐野万次郎は伝説の人となっている。自分たちのチームの設立日である2月22日は大切な日ですよね。

上記のような理由で、黒川イザナは関東事変を2月22日に設定したのです。

東京卍會(トーマン)vs天竺(てんじく)の結果は?

関東事変は、天竺が東京卍會に奇襲をかけていたせいで、東卍約50人、天竺400人という圧倒的に不利な状況となっていた。

それでも、タケミチは過去を変えないことには未来の現代を変えることができないことがわかっているので、天竺に乗り込んでいきました。

最初は、一人で行くつもりをしていたタケミチ

でも、千冬や溝中5人衆、そして、東京卍會の動けるメンバー(八戒、アングリー、ペーやんと隊員たち)が総長のマイキーと副総長のドラケンがいない状況でも天竺との抗争へ行くという決断をします。

魁戦(さきがけせん)は東京卍會の勝利

魁戦(さきがけせん)※では、東京卍會は林良平(ペーやん)が、天竺の班目獅音(まだらめしおん)を一発で沈めてしまう

(ペーやんの力ってすごいのね。そういえば、三ツ矢隆が「ペーやんはバカだけど、力ならオレの10倍(100倍だったかも)強い」って発言していたよね。たしかに強いわ、ペーやん。)

ペーやんが魁戦で勝ったことで東京卍會の士気は一気に上がったもんね。

ペーやんの勢いでこのまま天竺が優勢になるかと思いきや、魁戦で班目獅音が一発で沈められたことに腹を立てた黒川イザナがペーやんを蹴り、蹴り一発でペーやんを沈めてしまった

(黒川イザナ、ハンパなく強いな。)

※魁戦とは、"S62世代"が使用していた戦い方。各チーム代表者一名を指名し、その後全面戦争する戦い方で魁戦で勝利したチームは士気が上がる。

Wikipediaより

魁戦以降の戦いは?

イヌピー 対 ココ

仲良くしてきた者同士の戦いになった。

・イヌピーはココに早く赤音(イヌピーの姉、ココの好きだった女性)の死を受け入れてほしいと望んでいる。

戦っている最中も、ココが立ち直るようにと思っている姿が伝わってきた

アングリー&八戒 対 灰谷兄弟(蘭・竜胆)
(東京リベンジャーズ様よりお借りしました。)
アングリー&八戒は末っ子同盟を急きょ結成し、灰谷兄弟に立ち向かう

・末っ子はわがままで自分勝手だから、末っ子同盟を組んでも動きはかみ合わない。

・それに対して、灰谷兄弟はさすが阿吽の呼吸でどんどん末っ子同盟を攻めてくる

八戒が灰谷蘭にパイプで殴り続けられる場面を見たアングリーが泣きだした。

アングリーは泣いたらスマイリーの100倍強いのだ。

泣いたアングリーは青鬼と評される。

そんなスマイリーの100倍強いアングリーが灰谷兄弟を瞬殺

続いて、望月莞爾(モッチー)、武藤泰宏(ムーチョ)をも沈めていった

鶴蝶も速さは合わせることができたアングリーだが、やはり強さでは鶴蝶に勝てずに、速さをあわすので精いっぱいだったので、アングリーは鶴蝶に沈められてしまった

タケミチ 対 鶴蝶
(東京リベンジャーズ様よりお借りしました。)
小学2年生までは幼なじみの間柄だった。

鶴蝶にとって、タケミチは小学生の時のヒーロー

今は、黒川イザナがヒーローとなっている

鶴蝶は喧嘩能力がすごく高くなっていた。天竺の四天王レベルよりもさらに上の力を持っている。

タケミチは鶴蝶にパンチをうけつつも、倒されてはまたたちあがる。

何度も何度も立ち上がる多、これ以上やったら死んでしまうという場面でも、「うるせー」と言って立ち向かっていった。

稀咲とタケミチとの交渉

そんな中、稀咲が拳銃を構えて、交渉しようと言うことになった。和解をしようと提案してきた稀咲

タケミチはこの関東事変が手打ちで終わることを知っているので、手打ちで終われば、未来の現代は巨悪な犯罪組織のまま。

この未来の現代を変えるために、過去のタイムリープしているタケミチは和解の話には乗らずに稀咲を殴る

このようなタケミチの行動に東京卍會のメンバーの士気が再度高まった。

そのとき、マイキーが登場する。ドン!!

そして、少し遅れてドラケンとヒナも登場

マイキーとドラケンが加わったことで、東京万會は再び戦闘モードになる

マイキー対黒川イザナの戦い

(東京リベンジャーズ様よりお借りしました。)
東京卍會の総長マイキーと、天竺の総長黒川イザナの兄弟対決となった。

最初は黒川イザナがマイキーの動きを見切ったことにより優勢

しかし、マイキーがだんだん優勢になっていく。

マイキーの蹴り(核弾頭のような威力を持っている蹴りだもん)やパンチをくらった黒川イザナ

最初はマイキーに蹴りやパンチをくらわすことができていた黒川イザナ。

でも、後半では黒川イザナの蹴りやパンチはマイキーに交わされてしまい、当たらなくなっていた。

マイキーが「もう当たんねぇよ」と黒川イザナに言っていたのが印象的だ。

後半でマイキー優勢となり、黒川イザナがだんだんと精神的に追い詰められたようで壊れていく

黒川イザナは「喧嘩まで負けたら全部なくなっちゃうだろう?」って言って、稀咲の銃を持ってマイキーに向けた

すでに黒川イザナは目がイってしまっていて、おかしくなっている。

さらに幻覚も見えだした黒川イザナ

マイキーの横に、佐野真一郎と佐野エマが立っているように見えていたのだ。

どうしてそっちにいるのか、と黒川イザナが言っていた。

鶴蝶が黒川イザナを説得する

(東京リベンジャーズ様よりお借りしました。)
拳銃を持っている黒川イザナの手を、鶴蝶が振り落とした

きっと鶴蝶は、「喧嘩は拳一つでやるものだ。武器を使うとか、奇襲をかけて戦うのは不良の道を外している」と思っていたのだろう。

黒川イザナが拳銃という武器を使ってマイキーと戦おうとしている姿が許せなかったのではないか。

それに、黒川イザナが稀咲にいいように利用されているということも許せなかったのだろう。

「オレら天竺の負けだ」と鶴蝶は黒川イザナに言い聞かせた

このやりとりが気に入らなかった稀咲は、鶴蝶を銃で撃った

撃たれた鶴蝶は稀咲の方へ襲い掛かろうとしたところ、さらに稀咲は鶴蝶を狙って3発発砲した。

発砲された3発は黒川イザナが鶴蝶を庇ったために、黒川イザナに当たった

黒川イザナはそのあと、マイキーに天竺の負けと、自分の生い立ちを語った後、息を引き取った

関東事変は東京卍會の勝利で幕引き

天竺の総長である黒川イザナが死亡したことで、関東事変は幕引きとなる。

関東事変は、東京卍會50人対天竺400人という圧倒的に不利な状況であったのにも関わらず、東京卍會の勝利で終わった。

天竺に勝ったことで、東京卍會は日本一のチームとなった

頂上に上り詰めた東京卍會。


マイキーを狙う稀咲はどうなった?

マイキーを傀儡(操り人形のようにすること)にして、稀咲がダークヒーローに上り詰めるために関東事変という抗争を仕掛けた稀咲

自分の手は汚さずに、他人を駒のようにして使い、自分の目的を達成しようとする能力に長けている。

しかし、今回は佐野エマを殺害することは失敗が許されないため、稀咲自身が自ら犯行に及んだ

では、マイキーを傀儡にしたいがためにマイキーを狙っている稀咲はどのようになったのでしょうか。

稀咲がダークヒーローになりたい理由は?

(東京リベンジャーズ様よりお借りしました。)
稀咲がダークヒーローになりたい理由って何だと思いますか?


それはね、稀咲は、実は橘日向(ヒナ)が好きだから、です。

それも小学生のときから好きだった。

稀咲は小学生の時、頭が賢く全国模試でも1位の成績をとるほどなので、神童と呼ばれていた。

神童と呼ばれる稀咲は、ヒナも賢い自分のことを好きなはずだと思い込んでいた

(この思い込み、どーなん?って思うけど、おいといて。)


でも、夏休みの塾帰りに、ヒナが公園で猫をイジメている中学生に注意したときに逆にいじめられるようになってしまった時、タケミチが正義の味方と言って助けてくれた。

(助けてくれたけど、正義の味方のタケミチは中学生に立ち向かったけど、やられてしまったんだよね。)


この時にヒナは正義の味方のタケミチのことが好きになってしまった

この状況を見ていた稀咲はタケミチのようになればヒナに好かれると思い、タケミチがなりたいと言っている「日本一の不良になる」ことを目指すのだ。

こういう事情があって、稀咲は喧嘩は弱いので、頭脳で勝負するということでダークヒーローになる道をたどった。

稀咲はどうなったのか?

関東事変は、稀咲が自分に都合のいいように動いてくれる黒川イザナを撃ち殺してしまった(鶴蝶を狙って撃ったのに、黒川イザナが鶴蝶を庇って撃たれたから)。

綿密な計画が予定通り行えず、わなわなと震えているところに、バイクに乗った半間修二が来て、稀咲を救出していってしまいました。

タケミチは稀咲を逃すわけにはいかないので、ドラケンのバイクの後ろに乗り、半間の後を追いました。

追われている半間のバイクは稀咲が急かしたために、横転してしまいます。

追いついたタケミチは稀咲と決戦

最終的には逃げ出す稀咲にタケミチが「もう二度とオマエを未来に帰るワケにはいかねぇんだよ!」という叫びます

その叫び声を聞いて、稀咲は横断歩道で足を止め、タケミチに向かって「俺がタイムリーパーだと思ってんのか?」と聞き返します。

そして、「オレは」と言いかけたときに、トラックが走ってきて、稀咲はねられて、死亡。あっけなく死亡です。死にたくねーと言いながら死んでいった稀咲。

(天罰が下ったんだな、と思ってしまった。)

稀咲が死亡したことで、マイキーは稀咲の傀儡にならずに済んだ。よかった。

過去も関東事変が手打ち(和解)で終わっていた場合の現代は、マイキーは稀咲と黒川イザナの傀儡にされて、仲間であったはずの東京卍會の主要メンバーを次々に殺害していったものね。

オレの人生は苦しいだけだった」と息を引き取る前に言ったマイキーの言葉を思い出すと、今でも泣けてくる。

だから、マイキーが苦しむ現代にならないように、タケミチは関東事変を和解で終わらせないように、一生懸命戦ったんですよね。


今回は、関東事変が和解という形で終わらず、東京卍會の勝利という形で決着がついたので、未来の現代は幸せな現代であることを望みます

まとめ

関東事変とは、2006年2月22日に起きた抗争

東京卍會(トーマン)と天竺の抗争

天竺の奇襲に遭い、万全の体制では抗争に望めなった東京卍會の隊員たちであったが、あとからマイキーとドラケンが抗争に参加したことにより、形勢が逆転し、東京卍會が勝利することができた

関東事変を起こした目的は、「マイキーを傀儡にして、日本一の不良に上り詰めたい」という野望から

この野望を持っている稀咲が仕掛けたのが関東事変という抗争

稀咲の野望は、橘日向(ヒナ)のことが好きで、自分と付き合ってくれるためのもの

日本一の不良になれば、ヒナと付き合うことができる!って思いこんでいた。

ある意味、一途にヒナのことが好きで、好きな人の為に日本一の不良と目指していたということは素晴らしいことだよね。

(稀咲のやってきた方法とかは全然褒められたものはないし、批判されるべきものだけど、一途に人を好きだったという点は稀咲の唯一良い点だと思う。)

結局、稀咲は、交通事故にあって死亡してしまったけどね。


関東事変が和解という形で終わらず、東京卍會の勝利という形で決着がついたので、未来の現代は幸せな現代でありますように・・・

(実は、現代では稀咲によるマイキーの闇落ちはないけど、何らかの理由によってマイキーは闇落ちしているんだよね。

 マイキー以外の東京卍會のメンバーや、ヒナ、タケミチ、ナオトは幸せに暮らしているのに、なぜにマイキーだけ闇落ちしてるんだぁ!もう!)



【関連記事】


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

また、次回のブログでお会いしましょう。(^^)/~~~

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事