七海ひろこの都知事選2020マニフェスト・公約内容まとめ!過去の政策や経歴活動についても
スポンサーリンク

※画像は、nanami-hiroko.net様よりお借りしました。

2020年東京都知事選が6月18日に告示されました。

約1400万人の人口をもつ首都・東京の都知事選には22名もの候補者が出馬されました。

小池百合子都知事は再選されるのか、それとも新たな都知事が誕生するのか。

どうなるのかを静かに見守りたいですね。


都知事選に出馬された22名の候補者の中で、私が独断と偏見で気になる都知事選候補者お一人にスポットをあてて、その方がどんな方なのか、マニフェストは何を掲げているのかについてまとめていきます。

今回は、アイドルみたいにかわいい七海ひろこさんについて紹介していきます。

七海ひろこさんってどんな人?

七海ひろこさんってアイドルのようにかわいい女性ですよね。

でも、どのような方かよく知らない方に向けて、簡単に七海ひろこさんのプロフィールを紹介しておきます。

七海ひろこさんのプロフィール
現職:幸福実現党 広報本部長 兼 財務局長 兼 東京都本部代表

出生地:東京都中央区

学 歴:慶應女子高、慶應大学法学部

主な経歴:元・(株)NTTデータ

趣味:ジョギング、読書、映画鑑賞

尊敬する人:坂本龍馬、光明皇后、松下幸之助
なんか知的でステキな女性ですね。

趣味が読書ということも影響しているのかどうかはわかりませんが、七海ひろこさんは著書も出版されています。
心の力で豊かになろう 不況を吹き飛ばす7つの繁栄ビジョンという書籍です。「7つの繁栄ビジョン」というのがいいですね。

心も経済も豊かになれる未来へ「トランポノミクス」を、東京で実現させる。ことについて述べられています。

七海ひろこさんのマニフェスト・公約

七海ひろこさんの政策は、
「自助論で行こうよ! 努力する人が報われる社会へ!」とされています。

そして、次の3つを掲げられています。

●働き方改革に反対します。働き方を自由にし、「働きたい人が自由に働ける」社会を目指します。

●消費税や所得税を減税します。

●規制を緩和し、起業のチャンスにあふれる街、東京を実現します。


そして、関心度の高い「新型コロナウイルスに対する政策」については次のことを掲げられています。

脱・中国依存
 新型コロナウィルス感染拡大で明るみに出た「中国の本質」によって、日本に危機をもたらす3つのチャイナリスクがあると言われています。

ChinaRisk 1:情報隠ぺい・人権無視 日本にも感染拡大の被害
ChinaRisk 2:中国経済の失速 日本経済も打撃
ChinaRisk 3:国際ルール無視の生物兵器開発

「今こそ、親中外交・経済からの転換を!と述べられており、日本政府の押し進める中国頼みの国家戦略に未来はないため、幸福実現党は日本の真の「独立」を成し遂げる政策を提言します」と「脱・中国依存」について述べられています。

緊急経済対策
 コロナ不況に打ち克つ経済政策を!ということで、コロナ問題で苦境に陥る経済に対して、「スピーディな融資で雇用と所得を守る」「冷え込んだ消費を刺激する大胆な減税」「国内回帰を目指す企業は法人税を大幅減税」を提言されています。

七海ひろこさんのマニフェスト
①年金・老後の不安は、安い税金で、暮らしを豊かに
「消費税5%への減税」「相続税の廃止」を国に働きかけます
住民税・固定資産税を大幅に減税します
高齢者の再就職・再雇用を支援し、2世帯3世代同居・近居による子育て・介護を税制優遇で支援します

②子育て世代や若者が、働きやすく、暮らしやすく、将来に希望を
建築規制を見直すことで、都心に、広くて安い家を増やします
企業内保育所・病院内保育所の開設を支援します
保育の質を上げ、安心して子どもを預けられる保育所を増やします

③安心・安全の防災都市・東京を
首都直下型地震を見据えた震災対策を進めます
台風等の増水時対策のインフラ整備を進めます
カジノ(IR)の誘致に反対します

④中国への経済的依存を改め、産業の国内回帰を促します
法人税を大幅に引き下げ、また、事業用資産の即時償却を可能にし、国内に立地する企業を増やします
規制を大幅に緩和し、海外から企業が進出しやすい国を目指します
東京から“Made in Japan”を復活させます

⑤価値観を共有する国々と友好的な外交関係を築きます
台湾・台北市と東京都との姉妹都市協定を結びます
習近平主席の国賓待遇での訪日に反対します
日米同盟を基軸に、英国、インド、EU、ロシアなどとの関係を強化していきます

⑥東京に一大交通革命を
横田基地の空港化を推進します
主要各線の24時間化を推進します(JR線の複々線区間、地下鉄は路線毎に隔週運行などを行います)


⑦「努力家が必ず報われる」社会を実現します
働き方改革に反対します
アイデアあふれる若者が自由に起業できる社会を目指します
なるほど~、七海ひろこさんのマニフェスト(公約)は7つあるってことね。
(ん?七海ひろこさんの著書でも、「7つの繁栄ビジョン」が示されてましたよね。7つは偶然なのか、それとも・・・?)

過去の政策や経歴活動について

七海ひろこさんは4年前の2016年の東京都知事選挙にも候補者として出馬されていました。

2016年の東京都知事選の政策について

「教育現場からの自虐史観教育の徹底排除に取り組みます」とされていました。

「徹底排除」が意味するものはなんでしょうか。

●自虐史観に基づいた教科書の採用を止めること。

●国歌斉唱時の起立を拒否する教師を是正指導すること。


他には、左翼的な教育論者が提唱してきた「ゆとり教育」について脱却することを提案していました。

「ゆとり教育」からの完全脱却を訴えられたのです。

完全脱却する方法としては次のことを提案されていました。

●土曜授業の復活を推進すること。

●教育内容の向上を推進すること。

●授業時間の増加を推進すること。

上記のようにかなり踏み込んでおられました。

2016年の東京都知事選の選挙活動について

2016年の都知事選のときは、「ハグハグ選挙運動」で一躍有名になった七海ひろこさん。

2020年は新型コロナの感染拡大防止の観点からも、「ハグハグ選挙運動」はできませんよね。

今回はどのような選挙運動をされるのか、注視していきたいと思います。


今回の選挙運動は、2016年のように「ハグハグ選挙運動」はできませんね。

だって、新型コロナのこともあるから、「密接」行為になってしまうからNGです。

そうなると「ハグハグ選挙運動」はできないから、どのような選挙運動をされるのか注目したいと思います。

なんか他の候補者とは一味違った何かをやってくれそうな予感がしています。

まとめ

今回は、2020年東京都知事選に出馬されている七海ひろこさんのマニフェスト・公約について紹介しました。

かわいいだけじゃなくて、しっかりとした考え方をお持ちで、政策内容についても具体的でわかりやすく説明されているのがいいな、と好感を持ちました。


今回の選挙戦はどの候補者の方にもいえることですが、今回の選挙戦は「蜜」を避けての選挙運動なので、どのようなアイディアで選挙運動をなされるのかが、非常に重要だと思います。

各候補者の方の選挙運動もどのようにされるのかも関心を持って見ていきたいですね。

みなさん、熱中症対策をしつつ、コロナ感染拡大防止対策もしつつ、がんばってください!^^


関連記事


今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事