BB-8のキャラ設定や性格は?スターウォーズでの役割や作った人についても
スポンサーリンク

今回はスターウォーズの映画のことを紹介するのではなく、このスターウォーズフォースの覚醒に初登場するドロイドBB-8ビービー・エイトについて紹介したいと思います。

私にとって、BB-8はとってもかわいくて、癒される存在なんです。
BB-8は超かわいい癒しキャラですね。

BB-8のファンの方にはわかってもらえると思います。あのコロコロとした動き、キュートすぎますよね!

一緒に連れて歩きたい!^^


なお、初登場するBB-8をご覧になりたい方は、「スターウォーズフォースの覚醒」が2019年12月13日の金曜ロードショーで放映されますので、そちらをご覧くださいね。

このフォースの覚醒は、『スター・ウォーズ』シリーズでは第7作品目となり、レイを主人公とする続三部作の第1章『エピソード7』に当たる作品です。


実は、私にとってスターウォーズはちょっとややこしいというか、よくわからない作品なのです。
(スターウォーズファンの方、すみません。)

多分、ちゃんと最初から順序立てて観ていけばいいんでしょうけど・・・
物語をおえていないというか、登場人物が多すぎて誰が誰で、どうなってるんだという・・・

では、前置きはこれくらいにしておいて、BB-8について述べていきますね。

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」初登場のBB-8のキャラと性格

BB-8(ビービー・エイト)は、フォースの覚醒で初登場したロドイド。
ボール型なのがかわいい。
コロコロと転がるんですね。^^

BB-8は、かわいいキャラであり、癒やしキャラでもあるということ。

記者会見の動画を見て、私と同じようにBB-8のかわいいキャラにハマった人は多いはずです。笑

かわいい動きは、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」来日記者会見の動画でご覧くださいね。
     ↓↓

ねっ、動きがとってもかわいいでしょう。^^
この動画、お気に入りです。
最後にちょこっと出てくるところも愛嬌があって好き。

レイとの出会いの場面もかわいくってお気に入り。
     ↓↓

こんな砂漠では動きづらいよね。苦笑
動きだけで、こちらに感情を伝えてくる。
言葉じゃなくて、体現することの大切さを教えてくれているようにも感じます。

一生懸命なロドイド

与えられた任務には一生懸命こなしてくれます。
危険なところにも勇敢に突き進んでくれます。

でもね、ここがBB-8のかわいいところなんだけど、ちょっとしたことにもびっくりしてしまうという臆病な面も持っているんですよね。

忠誠心も高いロドイド

BB-8は与えられた任務には、非常に高い忠誠心をもってあたることができるかわいいドロイドなんです。

任務遂行において忠誠心って大事ですよね。
かわいいのに、やるときはやるぞ!っていうのがあって、カッコよさも備えていますね。

BB-8の役割は地図を死守すること

スター・ウォーズ/フォースの覚醒におけるBB-8の役割について説明していきます。

それは・・・

ルーク・スカイウォーカーの居場所を示す地図をポー・ダメロンから託されます。

ファースト・オーダーに追われる際に、ポー・ダメロンからBB-8に託された大事な地図。

その地図は、レジスタンス本部に届けなければならない大事な地図なんですよね。

BB-8はファースト・オーダーから脱出し、惑星ジャクの砂漠を逃げてレイとフィンに出会います。

そして、ミレニアウ・ファルコンでレジスタンス基地へ向かいます。

向かう途中で、ファルコン号の持ち主であったハン・ソロとチューバッカに出会います。

レジスタンス基地ではボー・ダメロンと再会することができました。

ご主人様に出会うことができてよかったね。^^ 

地図を死守したBB-8、さすがです!任務に一生懸命取り組む姿がかわいくもかっこよかった。

BB-8が一生懸命に守った地図によって、ルーク・スカイウォーカーの居場所を示す地図が完成されました。

うーん。
こうやって流れを見ていると、BB-8は本当に物語の中での大事な部分を担っていますよね。

かわいいだけじゃないんだ。笑

だって、BB-8はスター・ウォーズの物語のカギを握っている存在だからね。

BB-8を作った人はJ.J.エイブラムス監督

超かわいいBB-8を作った人が誰なのかご存知ですか?

実は、J.J.エイブラムス監督なのです。

監督がナプキンに大小の2つの円を描いて生まれたのがBB-8というドロイドなんですよ。

簡単なスケッチからBB-8というドロイドが生み出されたそうです。なんかすごいですよね~。

J.J.エイブラムス監督の発想力を少しでも分けてほしいと思ってしまいます。

BB-8誕生について
     ↓↓
https://youtu.be/JdBBZkXBxN4
J.J.エイブラムス監督曰く、
「BB-8は子犬みたいなんだ」
「文句は言わず、任務に熱心で役に立ちたいという気持ちが強い純粋なキャラクター」
とのこと。

たしかにBB-8は任務に一生懸命で忠誠心も高いドロイドですもんね。^^

ただ、共演者の方からのコメントで
「BB-8は個性的で、少し怒りっぽいところもある」
との発言もありましたね。

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒で初登場なのに、昔からいたようなキャラクターだ」
と発言している方もいらっしゃいました。

うん、うん。BB-8は初登場だけど、なんか馴染みやすくて昔からいたような、そんな柔らかい存在感のあるキャラクターですよね。

親しみやすさも抜群なので、このようにBB-8の人気が高まっていったのでしょうね。

かわいい癒やしキャラのBB-8を手に入れた


フォースの覚醒で初登場したロドイドのBB-8。

見た目も白地にオレンジの配色なので、かわいさがありますよね。

動きもコロコロと転がって動き回るので、見ているだけでほっこりした気分になれます。癒されます。

あるとき、BB-8のラジコントイを見つけたの。

きゃー、かわいい!


BB-8を手元に置けちゃうんですよね。

コントローラーでBB-8を動かすことができる。

BB-8をこっちに来させたり、あっちに行かせたりして遊べます。

遊び終えて、放っておくと、BB-8が寂しいよ~って感じで後ろ向きになるんです。

なんか寂しいし、もっとかまってほしいのに遊んでくれないからいじけてる感じが伝わってきます

んー、愛らしい。

相手はおもちゃのBB-8。

おもちゃなのに、こんなに愛らしく思わせるなんて。笑

こんなBB-8のラジコントイ、お気に入りです。


親子でかわいいBB-8にハマってます。


コロコロと転がりながら(というか一生懸命動いてる)何か言ってるんですよね。

その光景がかわいくて。

なんて言ってるのかな?って想像すると、会話ができちゃったりする。

うちの子は、勝手にBB-8に語り掛けてます。

きっと子どもの世界で、BB-8と物語をつくって楽しんでいるんでしょうね。


そうそう。今は、48cmのビックサイズのBB-8が発売されています。
これってクリスマスプレゼントによさげですね。

48cmのビックサイズなので一緒に歩くことができます。

BB-8と一緒におでかけができる! まるで愛犬と散歩しているような感じ。^^
(あー、妄想が止まらないっ!)

これ、子どもがクリスマスプレゼントとして欲しがるかなぁ?

実は私が欲しかったりして。^^

なんかね、BB-8が動くのを見ていると本当に癒されるんですよね~。

まとめ

BB-8についてのわたしのまとめ(というか感想)
・BB-8のコロコロ転がる動きがとってもかわいい癒しキャラ
 その動きになぜか癒される。
・BB-8はかわいいだけではなく、任務に一生懸命で忠誠心の高いドロイド
 大事な地図を死守したことで任務遂行力の高さも評価できる◎
・BB-8の生みの親はなんとJ.J.エイブラムス監督
 J.J.エイブラムスさんは監督だけではなく、新しいキャラクターを生み出すことができるスーパーアイディアマンなんですね。
・かわいい癒やしキャラのBB-8を手元に置きたいと思っていたら願いが叶った!(というか叶えた)。
 親子でBB-8のラジコントイで遊んでいます。
 おもちゃだけど癒されますよ。


関連記事

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事