ミス・シャーロック5話のネタバレ!犯人の犯行理由の考察と謎解き詳細も
スポンサーリンク

huluオリジナル連続ドラマである『ミス・シャーロック

5話消えた新婦」はどんな展開がなされるのでしょうか。

『ミス・シャーロック』は竹内結子さんの謎解きが爽快!ですよね。

貫地谷しほりさんはときどきポカをやらかすドジなところのある和みキャラですよね。



今回は、「ミス・シャーロック」の第5話 消えた新婦 のネタバレについて紹介していきます。

5話はデザインノートがキーワードになるかと思います。

デザインノートのことを念頭に置いてもらうと、犯人がわかってきますよ。

ミス・シャーロック5話のネタバレ

ネタバレしていく前に、5話の登場人物(ゲスト)を簡単に紹介をしておきますね。

5話の主な登場人物

5話の主な登場人物の紹介
花嫁:真島理紗
結婚式の途中で失踪してしまう。花嫁はモデルであり、未来の親友

理紗の結婚式に現れた謎の男性:香田夏雄
2年前に恋人を殺して山に入り、そのまま行方不明になっていた人物

ジュエリーデザイナー・犯人:冴木数馬
結婚式で花嫁に失踪されてしまう新郎

ジュエリーデザイナー:西野未来
個性的なジュエリーをデザインできる女性。何者かに殺されてしまう

未来の母:西野恵子
遺品にデザインノートがないのを不思議がっている

この登場人物のことを頭に入れた上で読み進めていってくださいね。

5話のあらすじ

シャーロックは、礼紋から「披露宴の直前、結婚式場の控え室から突如として花嫁が失踪した」という連絡を受けた。

退屈な事件しかなかったので、シャーロックは解決にやる気満々。笑

花嫁はモデルの理紗、新郎はジュエリーデザイナーの冴木。

順風満帆に見えていた2人の間に何が起きたんだろう?

シャーロックらが捜査を始めて、事件を解決していく。

5話の犯人はなぜそのような犯行をおこなったのか?

犯行理由を知ると、そんなにまでして有名になりたいの?って思っちゃいますよ。

(あくまで個人の感想です。)

犯人はジュエリーデザイナーの冴木数馬

 
ジュエリーデザイナーの冴木数馬はやり手の経営者。

素敵なジュエリーをデザインできる才能のある経営者でジュエリービジネスをうまく経営している。


だが、本当は冴木数馬にはデザインセンスがなかった。

経営者としてのビジネスセンスは持ち合わせていたものの、核となるジュエリーのデザインセンスは持ち合わせていなかった。残念!


そんな冴木数馬が、ジュエリーの賞を受賞し始めたり、評判を上げていった。


なぜ、デザインセンスが残念な冴木数馬が数々の賞を受賞できるようになったのか?

それは、西野未来がデザインしたジュエリーを、冴木数馬がいかにも自分がデザインしたジュエリーであるかのように発表していたからだ。


冴木数馬は西野未来のデザインしたノートを奪っていたのだった。


(冴木数馬はどこで、どのように西野未来のデザインノートを奪ったのだろう?という疑問が出てきますよね。)

犯人の犯行理由

冴木数馬はジュエリー界で脚光を浴びるデザイナーになりたかった。

西野未来は派手さのある女性ではないが、ジュエリーをデザインすることが大好きだった。

まさに天職がジュエリーデザイナーである。才能がずば抜けていた。

本当に西野未来がデザインしたジュエリーは素晴らしかった。


冴木数馬は西野未来のデザインセンスに目をつけ、共同でジュエリーを作って発表することを提案する。

しかし、西野未来は冴木数馬にデザインノートを一旦は見せるために渡したものの、共同でのジュエリー作りの申し出は断った。

そして、デザインノートを返してほしいと訴えた。


冴木数馬は西野未来のデザインしたジュエリーを発表したい一心で、西野未来を殺してしまう。

(自分の名誉のために人を殺すなんて、普通じゃないよね。欲望に目がくらむと善悪の判断もつかなくなってしまうのかしら。)

ミスシャーロック5話ネタバレ詳細と謎解き

では、シャーロックの謎解き、やっていきますよー。

謎解き1:なぜ花嫁が姿を消したのか?

シャーロックは式場のスタッフが花嫁逃亡の手助けをしたと推理した。

なぜなら、オレンジジュースをこぼしてドレスの裾を汚してしまったはずなのに、橋に吊るされたウェディングドレスにはジュースの汚れはなかった。

新婦が誰にも気づかずに姿を消すには、協力者が必要だ。

スタッフの協力を得て、業務用掃除機にドレスを隠して、理紗はスタッフの衣装を借りて式場から抜け出したのだ。

謎解き2:山岳カメラマン香田夏雄の参列

2年前に恋人を殺して山に入り、そのまま行方不明になっていた人物である香田夏雄がなぜ冴木数馬と真島理紗の結婚式に参列していたのだろうという疑問をシャーロックは感じた。

実は、香田夏雄は西野未来の恋人だった。

本当に仲の良い恋人同士だった。それなのに、香田夏雄は未来を殺した犯人として警察から指名手配されていた。

未来の母親は、「香田が殺人などするはずがない」と言う。

母親から見ていても、未来と幸田は仲睦まじく、将来結婚をするだろうと思われていた。

(実際に、幸田が未来の家に行って、「未来を自分のお嫁さんにください」というところを、「お母さんを僕にください」と言い間違えたりして、素朴で純粋な嘘のつけない人間である幸田の人柄がわかる一場面もあった。)

そんな純粋でまっすぐな幸田が自分の娘である未来を殺すとは信じられないと未来の母親は思っていたのだった。

シャーロックは西野未来の家を訪ねて、未来の母親からいろいろと質問した後、未来さんのデザインしたものを見たいと母親に申し出る。

しかし、母親は未来のデザインノートがどこを探しても無いと答える。

ジュエリーデザイナーをしていた未来の遺品には一切のデザインが残っていなかった事がわかり、不思議がることになる。


実は、消えた新婦の真島理紗と幸田は未来を通した知人だった。

理紗と未来は大親友の間柄。

幸田は未来は結婚を前提にしている恋人同士。


理紗は未来からジュエリーデザインを見せてもらっていたので、冴木数馬が発表するジュエリーがすべて未来のデザインしたものであることを知っていた。


冴木数馬が未来のデザインノートを持っていると確信していたので、そのノートを探すために、偽装の結婚式を挙げていたのだった。

冴木数馬の親族や関係者が一堂に返す結婚式の間に、未来の奪われたデザインノートを探そうと計画していた。)

こんな事情で、幸田は式の参列者として参加していたのだ。

幸田は理紗がフラワーシャワーの祝福を受けている最中によろめいて、倒れる時に、幸田の部屋の鍵を理紗から受け取ったんだよね。

 鍵を受け渡すために理紗がよろめく芝居をするとは・・・すごいね。)

謎解き3:未来のデザインノートは見つかった?

幸田と理紗はデザインノートを探すんだけど、どれだけ冴木数馬のオフィスを探しても見つからないの。

で、そうこうしているうちに、冴木数馬がオフィスに入ってくる。

そして、観葉植物の鉢に手をやり、なにやら取り出すの。


そう。取り出したビニール袋に入っていたものこそが、未来から奪ったの未来のデザインノートだったわけ。

(そんなところに隠していたのか。そりゃ、みつけられっこないよ。)


上記のことを、シャーロックは見事に推理した。

いつもあっぱれな推理のシャーロック、すごいね。)


結局、冴木数馬は未来の殺人容疑で礼紋元太郎警部と柴田達也に連行されていき、殺人事件も解決!

5話「消えた花嫁」の考察と感想

 
5話のミス・シャーロックはやるせない気持ちにさせる回だったな。

そして、危険を冒してまで真相を追求しようとしてくれる恋人や親友のいる未来が羨ましいなと思う回でもあった。

偽装結婚は良くないことだけど、こういう事情がある偽装結婚ならアリだな。^^

未来の母親も真相がわかってほっとしているに違いないし。

幸田はやっぱり純粋な素朴な、そして愛している人に対してまっすぐな人だったなぁ。

なんか人間を外見ではなく、どのような人なのか、中身を知ることが本当に大切だな、いうことを学ばせてくれたドラマの回でした

(見てよかった。^^)


私は『ミス・シャーロック』の竹内結子にハマっている。笑

だから、動画配信サービスのmusic.jp8巻ともレンタルしたの

(2020年6月15日現在、music.jpでは『ミス・シャーロック』を見ることはできなくなりました。再レンタル不可になっちゃってます。(T_T))


あの最後の謎解きで見せる「どや顔」のシャーロックを演じる竹内結子の顔が好き。

あなたもハマってみませんか?



huluでミス・シャーロックを見てみる



関連記事

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事