死神坊ちゃんと黒メイド・シャーデーを殺したのは誰?殺害理由についても

死神坊ちゃんと黒メイド』の坊ちゃんって可愛いですよね。

この可愛い坊ちゃんに呪いをかけた憎き相手である魔女シャーデー

この魔女シャーデーが殺されてしまった。

誰がこの憎き魔女シャーデーを殺したんだろうか?って気になりますよね。

そこで、今回はシャーデーを殺したのは誰なのか。また、シャーデーを殺した殺害理由について解説していきます。

スポンサーリンク

死神坊ちゃんと黒メイド・シャーデーを殺したのは誰?


坊ちゃんとアリスのツーショット、好きだわ。

こんな可愛い坊ちゃんに呪いをかけた憎き相手である魔女シャーデー、とうとう天罰が下ったわ!

魔女のシャーデーは殺された

シャーデーは魔界のボス。

魔女としての力は絶大。最強の魔女。

そんな最強の魔女が殺された。

一体誰がシャーデーを殺したのでしょうか?

あんなに強い魔女を殺すことができるのでしょうか。

実は、シャーデーは魔界の魔女に殺されたわけではないんです。

魔術師と呼ばれる人たちに殺されました

魔術師とは、人間でありながら、生まれつき魔力をもった人のことです。
魔女と魔術師は種族が違うため、一緒には暮らしていません。
魔術師は人間であるので、小さな集落で暮らしていました。

魔術師30人で魔女シャーデーをなんとか殺すことができたんです。この30人の中には、ニコとイチという魔術師も含まれていました。

もう数の威力で勝ちとったようなものですね。

シャーデーと魔術師との戦いで、なんとか魔術師たちが勝利しましたが、魔術師の仲間からたくさんの犠牲者が出ました。

ニコは皮肉なことに、シャーデーかけられた「不老不死」の呪いによって、助けられました

ニコは「不老不死」の呪いを解きたいと思っていましたが、シャーデーが死んでからも、「不老不死」の呪いは解けないままでした。

シャーデーの魔力って、シャーデーが死んでからも威力は継続してるって、すごいよね。

シャーデーは肉体は死んだけれども、魂は生きているのです。だから、魂が生き続けているから、魔法の威力も継続しているというわけです。

死神坊ちゃんと黒メイド・シャーデーを殺害した理由とは?

魔術師たちがシャーデーを殺害しようとした理由は何だったのでしょうか?

それは、シャーデーがあるとき、魔術師の集落を訪れたときにきっかけがあります。

では、そのきっかけとなったことについて、述べていきますね。

シャーデーは最強の魔女でイタズラ好き?

シャーデーが魔術師の集落を訪れたときのことです。

シャーデーは、魔術師の集落のニコに興味を持ちました

興味を持っただけなら良かったのですが、あろうことかシャーデーはニコに「不老不死」の呪いをかけてしまったのです。

それも、ニコを子どもの姿に変えてしまってから、「不老不死」の呪いをかけた。


シャーデーはニコだけでは飽き足らず、人間たちに対して「遊ぶ」ことを楽しみました

シャーデーの人間で遊ぶ行為に対して、魔術師たちはシャーデーは危険な魔女なので、殺してしまわないといけないと決心しました。

これがシャーデーを殺害しようとした理由です。

シャーデーの特殊能力

シャーデーには特殊な能力が備わっていました

魔力が橋梁苦であることに加えて、特殊能力までもっている。

その特殊能力とは、「相手の思考を読む能力」です。

人の心が読めるということは、次にどのような行動をするのかがわかるということ。

シャーデーが魔術師30人ほどと対戦をすることになったのには、この特殊能力「相手の思考を読む能力」があったため。

どこに攻撃をかけてくるのか、シャーデーにはわかっているから、その攻撃を防ぐことができた

このように特殊能力のある魔女シャーデーでしたが、さすがに魔術師30人との戦いでは力尽きてしまったというわけ。

そう考えると、シャーデーって本当に最強の魔女だったんですね。

スポンサーリンク

まとめ

死神坊ちゃんと黒メイド』のシャーデーを殺したのは、ニコとイチという魔術師を含む30人ほどの魔術師たち

シャーデーを殺害しようとした理由については、シャーデーの人間で遊ぶ行為に対して、魔術師たちはシャーデーは危険な魔女なので、殺してしまわないといけないと決心したからです。

シャーデーって本当にいろいろな人に呪いの魔法をかけていますよね。

なぜ、シャーデーがいろいろな人に呪いの魔法をかけてしまうのか、その理由についても知りたくなってきました。

次回のブログでは、シャーデーがいろいろな人に呪いの魔法をかけてしまうのかについて考察していきます。
お楽しみに!


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

また、次回のブログでお会いしましょう。(^^)/~~~

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事