ジミー・ヴィーの俳優としての経歴やプロフィールまとめ!過去出演作品や演じた役柄についても紹介
スポンサーリンク

さて、スター・ウォーズといえば、可愛くて勇敢で忠実なドロイドであるR2-D2アールツーディーツー)ですよね。

このR2-D22代目の俳優であるジミー・ヴィーさんについて紹介したいと思います。

あなたはジミー・ヴィーさんをご存知ですか?

では、さっそくジミー・ヴィーさんについて紹介していきますね。

ジミー・ヴィー経歴

ジミーヴィーさんは、スコットランドの俳優であり、操り人形師でもあるスタントパフォーマーです。

ドクター・フーや、ダムドの航海のほか、ドクター・フーでのスピンオフシリーズのサラ・ジェーン・アドベンチャーなど数多くの作品に出演しています。

そして、特に有名なのは、2016年に亡くなった故ケニー・ベイカーに代わって、2代目のスター・ウォーズのR2-D2の俳優さんであることですね。

また、2001年のハリー・ポッターと賢者の石では特殊メイクを施した「宝の番人」であるゴブリンとして登場しましたね。

ゴブリンがジミー・ヴィーさんだったなんて全然気が付かなかったよ。
(そりゃ、わかんないよね。なんせ特殊メイクをしているんだから。笑)

ジミー・ヴィープロフィール

ジミー・ヴィーさんはイギリス スコットランド出身で1959年11月5日にお生まれです。
ということは現在60歳、還暦ですね。^^

俳優兼操り人形師であるジミー・ヴィーさんはいくつも映画に出演されています

身長112cmととても小さな方になります。

お一人の写真を拝見する限りでは小さい方には見えないのですが・・・

こうやって、全体を構図として入れた写真になると・・・

一目瞭然で小さな方だとわかってしまいます。
背は低くても素敵な方ですね。^^ さすが俳優さん!

ジミー・ヴィー 出演作

見やすいように一覧表ぽくしました。
近年は2本ずつ出演されているのですね。^^
タイトル役割
2001ハリーポッターと賢者の石ゴブリン
2007スキン:シークレットパーティー堀り
2009キルトマンミゼット
2015パンロフティ
2017ダークアセンション邪悪な小人
2017スターウォーズ/最後のジェダイR2-D2
2018列車セットランディ
2018ソロ:スターウォーズストーリークリーチャーとドロイドの操り人形師
2019ロケットマンアーサー
2019スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明けR2-D2

ジミー・ヴィー 役柄

スターウォーズの人気者R2-D2の2代目を演じたジミー・ヴィー

ジミー・ヴィーさんは2代目のR2-D2の俳優さんとなります。

スター・ウォーズのR2-D2の俳優さんといえばケニー・ベイカーさんですが、2016年8月13日に呼吸器系の病気のため、この世を去りました。81歳でした。

このケニー・ベイカーさんの後を引き継いで、R2-D2を演じているのがジミー・ヴィーさんなのです。

・ケニー・ベイカーさんが単独でR2-D2を演じていたのは、
 『エピソード4/新たなる希望』(1977)から『エピソード3/シスの復讐』(2005)まで

ケニー・ベイカーさんとジミー・ヴィーさんの二人で演じたのは『フォースの覚醒』(2015)

ジミー・ヴィーさん単独でR2-D2を演じていたのは
 『最後のジェダイ』(2017)と『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(2019)

ジミー・ヴィーさんの声明文

「ケニー・ベイカーと共に働いたことは大きな喜びでした。ケニーは素晴らしい役者で、ケニーが誇りに思っていたR2-D2にどのように命を吹き込んだのか、そのトリックを僕に教えてくれました。ケニーへの尊敬の念と共に僕がその役を引き続き演じていきます」「『スター・ウォーズ』の世界の一員になることにワクワクしていて、去年僕達が一生懸命作り上げたものを皆さんに見てもらうことが待ちきれません」 2017年2月

このように『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でR2-D2役を二人で演じたときのことを語っている。

R2-D2が初代から2代目にきちんと引き継がれていることを伺える素敵コメントですよね。

こういうふうにコメントできるジミー・ヴィーさんっていい人だな~って思います。

Jimmy Vee(ジミー・ヴィーさん)のツイート


『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は2018年8月に撮影が開始されて、2019年2月にR2-D2のすべての撮影を終えたようです。

R2-D2の2代目俳優であるジミー・ヴィーさんがツイッターで上記のようにツイートしています。

無事にスカイウォーカー・サーガでの務めを終えられたようでなによりです。

ちなみに、R2-D2の相棒であるC-3POは1月下旬に、BB-8は2月上旬に撮影を完了していたようですよ。

ハリーポッターのゴブリンを演じたジミー・ヴィー

ジミー・ヴィーさんは『ハリーポッターと賢者の石』の中に出てくるグリンゴッツ魔法銀行にいるゴブリンを演じています

実はこのゴブリンは、ハリーポッターの物語の中では重要人物の一人なのですよ。
(詳しくはネタバレになるのではなしません。どうぞ『ハリーポッターと賢者の石』をご覧くださいませ。)

ゴブリンって、私がハリーポッターの物語を本で読んだときにイメージしていたのとは違っていたけど、行員の堅苦しい雰囲気とかがちゃんと伝わっってきますよね。

ころりんと小さいゴブリンたち。

ジミー・ヴィーさんならではの役どころだと感じました。

それにしてもこのゴブリンの顔立ちすごいですよね。

実はこのゴブリンを演じた俳優さんたちは特殊マスクで変身していたそうですよ。

セリフを言うゴブリン役の俳優さんは口を動かさなくてはならないので、
目の下、鼻、下唇、顎、おでこの部分に分かれたマスクをつけていたそうです。

へぇ~、知らないところにいろいろと工夫があるんですね。

ジミー・ヴィーさんはセリフのあるゴブリンだったから、5つに別れた特殊マスクを顔につけられて演じていたんですね。 お疲れさまです!


そうそう、ゴブリンってね、特殊能力が備わっているんですよ。

どんな特殊能力かというと、ゴブリンは物を作る技術力があるということです。
武器も作ることができるし、装飾品をつくることもできます。

こんな特殊能力のあるゴブリンを、ジミー・ヴィーさんは演じられました

あんな特殊メイクをした顔なのに、ハリーがあるお願いをしたときの「渋い顔」や「仕方ないなぁ」という表情をうまく表現されていましたよね。
さすが俳優さんですね。笑

まとめ

ジミー・ヴィーさんは身長112cmであることを強みにした素敵な俳優さんだということ。

あなたはどちらのジミー・ヴィーさんが好きですか?

・スターウォーズの人気者R2-D2を演じるジミー・ヴィーさん

・ハリーポッターと賢者の石のグリンゴッツ魔法銀行の行員であるゴブリンを演じるジミー・ヴィーさん

 私はR2-D2を演じるジミー・ヴィーさんの方が好きかも。

今回はジミー・ヴィーさんのことについて述べてきました。

ジミー・ヴィーさんのことを知れば知るほど、自分が自分自身に対して

「こういう所が私の欠点だな」
「このようにしている私はよくないな」

と思っているマイナスなことは見方を変えたら、
とてもいい長所や優れいている点になることを教えてくれている
んだという感覚になっていきました。

ジミー・ヴィーさんは身長が112cmしかない小さな人

だけど、見方を変えてみると

スター・ウォーズのR2-D2を演じるには低身長であることが絶対必要な条件
その条件をクリアーできる貴重な人

ってことになる。

ジミー・ヴィーさんからマイナスなことも見方を変えたらプラスになるんだよと教えてもらえました


こんな風にジミー・ヴィーさんからのメッセージを受け取った私は12月20日日米同時公開のスター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明けが待ち遠しいです。

スターウォーズが大好きな方も12月20日を心待ちにされているはずですね。

2019年12月20日にいよいよ『スター・ウォーズ』完結編である「スター・ウォーズスカイウォーカーの夜明け」が日米同時公開されます。

早く映画館で観たいですよね。私も心待ちにしています。
テレビでも映画のコマーシャルが流れてますよね。
なんかワクワクします。^^

あなたが、スターウォーズのこと、あまり知らないわ、という場合には、前作の「スター・ウォーズ最後のジェダイ」をご覧になってから、「スター・ウォーズスカイウォーカーの夜明け」を映画館鑑賞される方が良いですね。

スター・ウォーズ最後のジェダイ」は2019年12月20日の金曜ロードショーで放映されますよ。地上波初です。

関連記事

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
おすすめの記事