年齢が出るパーツのお手入れ~綺麗な髪の毛になるためには~
スポンサーリンク

ツヤのある髪の毛、サラサラの髪の毛の人を見ると、思わず二度見してしまいませんか?
髪の毛にツヤ・コシがあると、実年齢より若く見られますよ。
(そらも髪の毛が綺麗だった時があって、そのときは実年齢より若く見られていました。^^)

今は、年齢的なものもあるようで、髪の毛がツヤがだんだん失われてきてて、どうにかしなければ!と多少焦っております。

こんにちは。美肌になるため、アンチエイジング法を学び実践している40代のそらです。

今回は、年齢が出るパーツである「髪の毛のお手入れ方法」について書いていきたいと思います。

SPONSORED LINK

髪の毛が綺麗だと(ツヤ・コシがあるってことね)本当に実年齢より若く見えます
実際に、そらの友達で同い年の彼女は髪の毛がとても綺麗なので、30代に見えます。
(彼女の使っているシャンプーやリンスをこっそり教えてもらいました。^^)

年齢の出るパーツ:髪の毛のお手入れ

あなたはシャンプーをどれくらいの頻度でおこなっていますか?

そらは毎晩シャンプー&リンスをしています。

実は、この毎晩シャンプーをする ということ自体が髪の毛に負担をかけている原因だそうです。
(がーーーん。そんなことって・・・清潔に保つために毎晩シャンプーをしているというのに。。。)

二日に一度か、三日に一度でいいそうですよ。
びっくりでしょう。

(毎晩シャンプーをしていた そら からすると、やっぱり三日もシャンプーをしないというのはちょっと抵抗があるので、二日に一度のペースでシャンプーをすることにしました。)

(ちなみにボディも石けんで洗うのは毎日でなくてもいいようです。)

うーーーん。今まで毎晩シャンプー、毎晩身体も綺麗に石けんで洗うという習慣を四十数年続けているので、「はい、わかりました!」と言って、サクッと今までの生活習慣を変えるわけにはいきません。

でも、徐々に取り入れていきたいと思います。
(美髪、美身体のためにね。(^_-)-☆)


シャンプー&リンスの選び方

今まで そら は香りのいいシャンプーを選んでいました。
バラの香りがほのかに香るといいよね~、なぁんて思っていました。

美容室で聞いてみたら、いろいろな成分が入っているシャンプーは恐ろしいってことがわかって、それ以来、シャンプーを購入するときは裏のラベルを良く見るようになりました。

(もっと若いときからちゃんとラベルを見ておけばよかった。でもね、ラベルを見ても、化学が苦手なそらにはちんぷんかんぷん・・・お経のようです(苦笑)。)

もうよくわからないから、シンプル イズ ベスト!ってことで、せっけんシャンプーを使うことにしました。

成分もすごくシンプルですよ。2つしか入っていません。その一つはお水だし。^^
とにかくこちらでどうなるか様子を見ることにしました。

使い始めは、今まで合成界面活性剤がたくさん入っていたシャンプーを長年使い続けていたから、シャンプーしても全然洗った感じがしなかった。

(シリコンや合成ポリマー、合成界面活性剤はなるべくは入っていないものがいいんだよ~。でも、ほとんどのシャンプーには入っているね。入っていないシャンプーを探す方が大変なんだよね。。。)

そうなの。

シャンプーで洗っているのに、すごくべたついた感じ。
(この「べたついた感じ」がある程度の期間続いて、そのあと、洗い上がりがよくなるの。)

この「べたつき」期間を乗り越えないといけないんだけど、この期間がかなりしんどい。
髪の毛がべたつくのって、嫌でしょう。 本当に嫌でした。

他人さんから見たら、「あなた ちゃんとシャンプーしてるの? なんかべたついているわよ」って言われそうな感じでしたから。

(でもね、実際には、他人さんからそのようなことは言われていません。あはは。直接言われていないだけで、ひそひそと言われていたかもしれませんね。)

そらは綺麗な髪になるんだから、多少、べたつきの期間があっても乗り越えるぞ!って思っていた。

(子どものように、ツヤのある髪に戻りたいから! 強く願えば叶うから(笑)。念のために言いますが、どこぞの宗教ではありませんよ。)

そらの場合は、二週間くらいだったかな。
べたつき期間を乗り越えたら、せっけんシャンプーがとってもいいことがわかりましたよ。
だってね、ほんの少しだけど、髪の毛にツヤがではじめたんですもの。

これはいいぞ♪ということで、しばらくせっけんシャンプーを続けてみることにしますね。

シャンプーひとつでこんなに変わるとはおどろきです。

あっ、そうそう、こちらのシャンプーはね、ちゃんとリンスとセットで使わないとダメだよ。

それも、せっけんシャンプー専用リンスのリンスを使わないとダメだよ。

なぜセットで使わないといけないのか?

それはね、シャンプーでアルカリ性にして、リンスが弱酸性だから、中和してくれるんです。
髪の毛のphも中性がいいんですよ。^^

だから、くれぐれもシャンプーだけして、リンスはしない ってことがないようにしてくださいね。

(そらは、とっても疲れていた日に、シャンプーだけして寝てしまったということがあるの。
 その時は、髪の毛がすごくきしんで、翌日の朝、大変なことになりました。もうあんなことは嫌なので、それからはどんなに疲れていても、シャンプーの後、リンスは必ずするようになりましたよ。)

そら なりのまとめ

なんだかんだ言っても、結局は自分の頭に合うシャンプー&リンスをみつけることができるかどうかが鍵になりますね。

そらの場合も、美容室で進められたシャンプー&リンスを使って、少しずつ健康な髪の毛になりつつある感じです。

ネットで「このシャンプーおすすめ」ですよ、と書いてあっても、実際自分が使ってみると、
「うーーーん。私には合わないシャンプーだな」というのがいくつもあります。

こうなると、やっぱり自分で、自分に合うシャンプー探しをしないといけないのかもしれません。

ただ、やみくもにシャンプージプシーを繰り返すと、自分の髪の毛に加わるダメージが相当なものになるかと思います。
だから、信頼できる美容師さんや、信頼できる美容意識の高い友達に相談するのが一番いいかも。
(実際、そらは信頼できる美容師さんに相談しました。)


------ここからは ちょっと余談------

実際に信頼できる美容師さんに相談したんだけど、
内心、「お店のシャンプーをすすめられたら(それも高めの)困るなぁ~」とは思っていました。
もし、高めのお店のシャンプーをすすめられた時には、ちゃんと断るぞ!という決意までしていました。
(どんな決意や・・・)

でもね、心配はご無用でした(笑)。
結局、お手頃なシャンプーで私の好きな香りのものをチョイスしてくれました。
(さすが!と感心してしまいました。)

参考までにチョイスしてもらったシャンプーはこちら。

やっぱり、美容室おすすめのシャンプー&リンスはお高めね。
香りはGOOD。好みの香りです。^^
髪の毛もさらさらになるそうです~。^^


でもね、結局買わなかったんだぁ。
せっけんシャンプーがいまいちだなぁ~と思ったときに使うことにします。^^)


今回も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

今回、シャンプー&リンスのことだけの記事になってしまいました。

綺麗な髪になるための ドライヤーとかブラシとかのグッズについてもまた別途記事にしたいと思いますので、その時はまたご覧いただければ、と思います。


------ここから またまた余談(笑)------

毎日の更新を心がけています。
(週に数回の更新になるかもしれませんが・・・と断っておきつつ ^^)

時々、あなたの気が向いたときに、そらのサイトにお越しいただけると嬉しいです。^^

あなたにとって、何かお役に立てる内容があれば幸いです。
 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事