大垣市のブランチ・ヒロノヤは隠れ家的なフレンチのお店!飛騨牛のランチがお得すぎる
スポンサーリンク

40代になって、「美容」に関心が高くなった そら です。
健康肌、美肌バランスの良い食事が必須!と知り、お昼はバランスがいい食事を心がけています。
(ただ単に美味しいものを食べたいだけ・・・かもしれませんが、美容にもいいので、ランチはお肉を摂るようにしています。はい♪ ^^)

今回は、お肉を摂れるバランスの良い食事を提供してくださるブランチ・ヒロノヤについてのご紹介です。
こじんまりとしたお店なんだけど、店内に入るとどどーんと縦に長いんです。^^
シェフの方との距離も近くて、お料理されている姿を眺めながら、お料理が提供されるのを待てます。
いいですよ、お料理の流れがわかって。でも、あまりジロジロと見続けていると、「変なお客さん」って思われてしまいそうなので、時々ちらっ、ちらっと見ていました。^^
(小心者の そら なのです。)

こんにちは。美肌になるため、アンチエイジング法を学び実践している40代のそらです。

大垣市に飛騨牛をランチで提供されるお店があると聞いて、こちらのお店に伺いました。
住宅地の中にあるお店。
ちょっと入りづらい雰囲気だったけど、思い切って扉をあけました。

SPONSORED LINK

隠れ家的なフレンチのお店はブランチ・ヒロノヤ

大垣にはおしゃれでおいしいお店が結構あるので、好きな場所です。
その大垣にある「雰囲気のある」お店。
隠れ家的なフレンチのお店です。
特に、今回は「飛騨牛」をおいしく、それもかなりリーズナブルにいただけるということで来店しました。

住宅地の中にあるお店
どこにあるのかな?と少しうろうろしました。
私にはわかりづらかったし、駐車場がどこなんだろう?ということでお店の前にいったん停車し、お店の方に聞いてみることにしました。
(かなりのお姉さんがお店の横の空き地っぽいのが駐車場だと教えてくれました。)
縦列駐車をする感じです。
きっと来店が多いときは、奥にとめたら、前に車があって出られない!って事態が発生しそう。。。

最初、入りづらそうと思った扉を開けて、入店。さすが隠れ家的なお店!
「ランチにされますぅ?」
ってな感じで確認された。。。
(ランチの時間にしてはちょっと遅め。でも、ランチタイムには間に合っている時間帯。)
お客さんも二組おられるくらいなので、どうにか入れるみたい。
(予約してきた方がいいのかな、とちょっと恐縮してしまった。初めてのお店はそれでなくても緊張するんだけど。。)

メニュをみて、ミニコースにすべきか、Aコースにすべきか少し迷う。
(でも、せっかく大垣まで来たんだし、近江牛 いやいや違った。飛騨牛を堪能したいよね、という思いがむくむく。でも、Aコースだと三千円を超えるからお得じゃなくなるし。なんて考えていたの。)

ランチがお得なブランチ・ヒロノヤの「飛騨牛のAコース」

結局、しばし考えて、当初の予定通りミニコースを注文!と思いつつも、やっぱりAコース!
(この時はダイエットをしていたんだけど、美容にいいバランスのよい食事を優先しました。えへへ ^^)

まず、出てきたのが、こちら

ローストビーフです。
うぁお!!

へぇ~、最初にこちらが提供されるんだ!とテンション高くなりました。
(ダイエット中だから、最初はサラダとかがいいんだけど、もう構っていられません。)

一口、食べてみて、おいしい!

こんなにローストビーフっておいしかったんだね~っていう感じ。
(おせちにいつもローストビーフを入れていますが、そんなんとはランクが違う!)
口の中で、とろける感じ
うん、うん。もう一皿ほしいくらい。^^

思わず、「おかわり!」って言いたくなりましたから。 <--もちろん、おかわりはダメですけど。
(かなりなお姉さんには絶対に言えない(笑)。)

ご飯も提供されます。
(ダイエット中はご飯は最後に食べるようにしていたんだけど、お肉がおいしすぎて、ご飯も食べたくなっちゃうんですよね。ダイエット中には行ってはいけないお店ですね。。。(苦笑))


お次は何かなとワクワクします。
ローストビーフの後に提供されたものはこちら

海老さんのスープです。
これね、本当に、本当においしかったです。

あー、こんなにおいしいスープがあるんだね、とちょっぴり感動しましたから。

こんな感じだと、飛騨牛ステーキがますます楽しみになります。

さて、お次は・・・と考えていると、提供されてきました。
そう、そう。ここの名物 タンシチュー

ん? さっきの海老さんのスープと似たような色合い。
うーん。。。

で、一口食べてみると、「うん! これもおいしい!」と笑顔になりました。
(この時にちらっと思ったこと。ちょっとずつ、ちょっとずつの提供なので、おなかが満足するのかわかりませんが、おいしいからいいかな、と思うようになってました。)

タンシチューのあとは、ステーキのはず。
ワクワク。
飛騨牛のステーキ。どんなのかなぁ~と頭の中は、「ジュウジュウいってるステーキ」をイメージしていました。
実際に、提供されたステーキはこちら

ジュウジュウいってない・・・
(ちょっとテンション下がりました。)

こういうタイプのステーキなのね。。。

テンション下がりつつも食べてみると、これはこれで おいしい!
自分が思い描いたステーキとは全く違ったけど、ソースもおいしいし、お肉も柔らかくておいしい
飛騨牛っておいしいね、と満足しました。
ご飯も進みましたね。^^
(もうダイエット中なんてことはすっかり忘れていましたね。ダイエット中でもやっぱりおいしいものは食べたいからね。<--都合のいい言い訳をしております。はい。)

そして、お次は・・・

なんと、「タンとマツタケのスープ」は、和のスープでした。
こちらもイメージしていたものとまったく違ったので、テンション下がりました。
(洋風なら洋風で提供されるというか、提供してほしいという思いがあったんです。)

「えー、おつゆやん!」(お店の方、ごめんなさい。)
って思ってしまいました。
マツタケ・・・のスープって言われてもなぁ、と思いましたが、召し上がってみると、
「あらっ、おいしいやん♪」とげんきんな私。
和風だったけど、それはそれで あり だな、と思いました。
(だから、大丈夫ですよ。そらみたいに、勝手にイメージしていたから、そのイメージと違って多少ショックは受けましたが、お味はおいしいですから。ご安心を。^^)

そして、最後はデザート♪
これは、種類があるので、どれがいいか、確認にお姉さんが来てくださいます。
私は、イチゴが好きなので、イチゴでオーダーしました。

イチゴのデザートとは・・・
ふふふ。アイスなんですよね。
こちらです

緑のお皿に、イチゴのアイスのピンクが映えていますね。
余計に、おいしそうに見えますね。
もちろん、実際においしかったですよ。

こちらのお店のAコースにして正解でした。

そして、心配していたおなかの具合も、ゆっくりと提供されるので、満腹になりましたよ。^^
スローペースで食事をするのっていいことだと思います。

飛騨牛も食べたいし、コースのお料理も楽しみたい方には、こちらのAコースおすすめです。

そらはおなかに余裕があるなら、飛騨牛のお寿司も食べてみたかったなぁ。
すごーくおいしそうだったんです。
今度、こちらに来店した時には絶対に「飛騨牛お寿司」食べたいな

ブランチ・ヒロノヤの店内の雰囲気

雰囲気は店内に入って、どどーんと縦にカウンターがあるので、少し圧倒されます。
(慣れればきっと大丈夫です。)
縦に長いお店です。^^
お料理をどのように作られているのか観察したい方は、カウンター席がおすすめです。
シェフに近い席だったら、お話してみたかったなぁ。
なんかね、素敵なシェフさんですよ。威厳がありそうだけど、どこか優しげな・・・
(はい、勝手なイメージで書いてます。実際にお話をしてみたらよかったなぁ。次回は是非話しかけてみようっと。)

そうそう、2階にはお座敷もありますよ。のんびり寛ぎたい方は2階のお座敷がいいかも。
予約しておくといいですよ。
(ただし、お座敷は室料としてお一人につき108円必要とのことです。)

気になった方、是非、お店に行って、見てみてくださいね。飛騨牛、おいしいよ。

お店の情報

大垣市の住宅地にあるお店は、「ブランチ・ヒロノヤ」さんです。
★本町というところです。

住所:岐阜県大垣市本町1丁目77
★通りに面したお店です。お店の横の空き地が駐車場です。
 通り過ぎに注意です。そらは何度か通り過ぎました。^^

営業時間:11:30~14:00(ランチ) 17:00~22:00(ディナー)
★ランチタイムの後、いったんお店を閉められます。
 ぎりぎりに入店すると、ランチは慌ただしいです。
 14時までになんとかしないと!と焦る雰囲気。。。
    
定休日:月曜日

お店の感想

お店の感想はあくまで個人の感想です。
そのことをふまえて、お読みくださいませ。^^

接客は、お姉さん(とお呼びしていいかしら(笑))がしてくださいます。
こちらの方は、お客さんによって好き嫌いがわかれるような感じがします。
不備があったわけではないけれど、どこかそっけなくて。
もう少し親しみのある接客があれば、お料理がおいしいのに残念な感じがしました。

あとで、こちらのお店のシェフの奥様(オーナーの奥様かな?)と思われる方が少しだけ接客してくださったんですが、そのときはいい感じでした。
なんか優しい雰囲気でいいな、と思いました。

この記事を読まれた あなたも是非、ブランチ・ヒロノヤさんへ いらしてください。
きっと「あなたにとってもお気に入りのお店」になると思います。


【私がおすすめの素敵なカフェのお店】
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事