君の膵臓をたべたいガム男考察!いい人なのかガムいるの返答について
スポンサーリンク

僕(志賀春樹)にいつも「ガムいる?」と言ってくるクラスメイトがいます。そう、ガム男です。

ガム男は、僕の初めての友達なんです。

だって、ガム男だけが、僕のことを名前で呼んでくれる唯一のクラスメイトですから。

今回は、そんなクラスメイトのガム男について、いい人なのかどうかを考察していきます。

あなたはガム男、いい人だと思いますか?

君の膵臓をたべたいのガム男はいい人なの?

僕の周りにいる生徒の中で、ガム男だけが、僕に話しかけてきますよね。

それも、「よう志賀」って名前で呼んでくれる。

僕自身が、クラスメイトから名前で呼ばれるという体験がないから、最初、僕はガム男に「志賀」って名前を呼ばれて、驚いていましたね。

名前で呼ばれて、本心では嬉しかったに違いない。^^

ガム男は僕のことを気にかけていた


体育の授業で、バスケをしているときに、僕はガム男と一緒に点数めくりをしていた。

ガム男と僕の会話

ガム男 「桜良とつきあってるの?」

僕 「つきあってなんかいないよ」

ガム男 「ちげーのかうわさされたままでいいの?」

僕 「間違っていることだから気にしてないよ」

ガム男 「大人ーガムいる?」

僕 「いらない」

ガム男と僕の会話より

ガムいる?」って聞いて、そっけなく「いらない」と言われてましたね。

ガム男はクラスメイトに対して、というか僕に対して何もこだわってなくて、対等に接してくれるいい人ですよね。

クラスメイトから浮いた存在の人に対して、ガム男のような対応はなかなかできるもんじゃない。

(特に、人気のある女子に対して何か特別な存在の人に対しては余計に関わらないでおこうとするもの。)

靴をなくして困っていたらガム男が取り戻してくれた


ある日、学校に登校したときに、僕の下駄箱には靴がなかった。

誰かに靴を持っていかれてしまったのだ。

仕方なく、僕は学校のスリッパを履いて教室へ入っていった。

僕が桜良と仲良くしていることが気に入らないクラスメイトがいる。犯人はそのクラスメイト。

そんなとき、ガム男が白い上靴を手に持って、僕のところに来る。

ガム男 「よう、志賀

あのさ、おまえ上履き捨ててんの?

これ トイレのゴミ箱にあった。

まだ汚れてもないじゃん。」

僕 「ありがとう。

なくして困ってた。」

ガム男 「そっか。気をつけろよ。

ガムいる?」

僕 「いや、でもありがとう」

ガム男と僕の会話より

ガム男が志賀の上履きをトイレのごみ箱でみつけて持ってきてくれたのだ。

おー、ガム男いいとこ、あるやん!

そのあと、「ガムいる?」って聞くけど、僕はそっけなく「いらない」って言うんですよね。

桜の名所を教えてくれたガム男


桜良が6月に満開の桜を見たい!と無茶なことを言ったことに対して、その答えを示してくれたガム男。

ガム男が今、満開の桜がみられる場所を探し出してくれるシーンね。

ガム男 「見つかったよ。

蝦夷桜(えぞざくら) 6月上旬まで見頃だって

この丘すごいよ

九州の次は北海道か。ご苦労さん。」

僕 「よく知ってたね。」

ガム男 「写真趣味だから

ガムいる?」

僕 「うん。」  受け取って食べる

ガム男 「うまい?」

僕 「おいしい」

ガム男と僕の会話より

な、な、なんと、ガム男は写真が趣味

その趣味のおかげで、桜の名所のことをよく知っていたガム男

だから、6月でも桜が満開のところを知っていたのだ。

ガム男、本当にいいやつだなぁ。

今回は、ガム男のお決まりの、「ガムいる?」に対して、

いつも僕は「ううん。要らない」といって、ガム男の申し出を断っていましたよね。

でも、今回は、ガムを貰っていましたね。 なんかほのぼのしてていい感じ。

「ガムいる」の返答について考察

ガム男は、いつも最後に、「ガムいる?」と聞いてきますよね。

そして、その返答は、「いらない」というもの。

でも、図書館でのやりとりのときだけは、「うん」と言ってガムを受け取って食べた僕。

きっと、僕自身の心境の変化があったから、ガムを受け取って食べたということでしょう。

このガムを受け取るということで、うまく心境の変化を表しているのですね。

僕が人に対して、少し歩み寄ることできた瞬間のような気がしました。

ガム男と僕の関係がいい感じになってきましたね。

僕にとっては、ガム男が初めても友達であるわけだし。

ここで、やっと僕は人を認めることができたんでしょうね。

ガム男が、僕に対して関わってくれていることで、僕もガム男に関りを持つことができている。

ガム男は、僕が桜良に満開の桜を見せたいと思っていることに対して、6月に桜を見ることができるスポットを教えてくれた。

以前の僕なら、ガム男に相談して、桜がみられるところを教えてもらうようなことはできなかったはず。

それが、できるようになっている。

僕がすごくいい意味で変化をしているということ。成長しているということ。

この成長しているということは、ガム男が「ガムいる?」というセリフに対して、僕の返事が「いらない」から「うん」と言って受け取って食べるという変化からもうかがい知ることができる。

まとめ

ガム男はいい人なのかということをみてきました。

結論としては、いい人!

ガム男、最初みたとき(バスケのシーンね)は、あなたも桜良と僕のことを興味本位で知りたがっている生徒なのね、とちょっと嫌な感じで見ていました。

でも、僕の紛失した上履きをトイレのごみ箱に捨ててあったのをわざわざ持ってきてくれたので、「おっ、優しい子やん、いい子やん」に見る目が変わっていきました。

そして、極めつけが、「桜良に満開の桜を見せたいと思っている僕」のために、6月でも咲いている桜スポットを調べて教えてくれた時です。

もう、ガム男いいやつすぎる!ってなりましたから。^^

僕がガム男から、「ガムを受け取る」やりとりの変化と同じように、私の中でもガム男に対する評価が、興味本位のヤな感じのやつから、とってもいいやつに変化していきましたから。

私と同じようにガム男を評価している方、みつけました。


ガム男、最高ですよね!^^

こんな最高なガム男、恭子とお幸せに~!^^


『君の膵臓をたべたい』を無料で見るなら、U-NEXTの無料トライアルでどうぞ♪
31日間なら無料で見ることができますよ~。
実は、私も無料で視聴してるんです。ふふふ。

【関連記事】


今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ではまた、次回のブログでお会いしましょう。(^^)/~~~

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事