東京リベンジャーズ・タケミチはマイキーを救う?タイムリープできるのか?
スポンサーリンク

東京リベンジャーズ』にハマりすぎて、週刊少年マガジンにまで手を出してしまった

タケミチはヒナのウェディングドレスを試着している姿を見て幸せを感じているときにマイキーの笑顔を思い出した。

そして、マイキーを救いたいと強く思うようになり、行動していきます。

今回は、そんなタケミチがマイキーを救うことができるのかについて、私なりに考察をしてみました。

また、ヒナを救うために過去にタイムリープをした経験のあるタケミチが、今度はマイキーを救うためにタイムリープすることができいるのかについても考察していきます。

東京リベンジャーズ・タケミチはマイキーを救う

(東京リベンジャーズ様よりお借りしました。)
タケミチは何度もタイムリープをして、ヒナが死亡してしまう現代から、ヒナが幸せに暮らせる現代にすることができました。

ヒナが幸せに暮らせる現代にできたのは、実はマイキーが東京卍會を解散したあと、東京卍會のみんなとヒナを守ると約束し、その約束を果たしてくれたおかげなんです。

マイキーがあのときの約束を守ってくれたことによって、現代で東京卍會のみんなとヒナが幸せに暮らすことができているのです。

タケミチはマイキーが約束を守ってくれたおかげで現代の幸せがあることをよくわかっています

だから、今度はタケミチがマイキーを救う番だと言います。

マイキーは現代では犯罪組織の梵天の首領となっています。

きっと犯罪組織の梵天のトップになっていれば、東京卍會のメンバーだったみんなやヒナを守ることができると考え、マイキー自身が自らその犯罪組織の道を選んでくれたのでしょう。

タケミチはマイキーがどのように考えて行動したのかを推測することができる。

マイキーは辛い時ほど笑う」という行動を取ることもタケミチは知っています。

だから、ビデオレターで「幸せになれ!タケミっち」と言ってにっこりととびきりの笑顔を見せたマイキーに対して、マイキーはとてもつらい状況だったことが理解できたのでしょう。

「辛い時ほど笑うマイキー」

今度はタケミチがマイキーを救う番だということで行動を起こします

梵天のアジトを羽宮一虎に教えてもらって、マイキーに会うために1店ずつ聞き込みに回ります。

お店の人からは、梵天に目をつけられたくないからと怒られて店の外にだされてしまっていましたね。

タケミチはマイキーに会うために必死で聞き込みをしていました。

一虎はタケミチの聞き込みの仕方が焦りすぎているので、危険すぎると注意し、一旦止めるように促します。

タケミチは三日後に結婚式を控えている身ですからね。

結局は聞き込みはここで終了。

タケミチは今は営業されていない、以前梵天のたまり場だったボーリング場に行って、いろいろと考えていました

そのときに三途とマイキーが現れ、タケミチはやっとマイキーに会うことができました。

でも、会ったマイキーにタケミチは銃で撃たれてしまいました

銃で撃たれたにも関わらず、タケミチはマイキーに「君のためなら何度でも助けに行くよ」と伝えるのでした。

タケミチはマイキーを助けたい一心なのですね。

そんなタケミチはマイキーを助けることができるのでしょうか?

タケミチは再びタイムリープするのか?

(東京リベンジャーズ様よりお借りしました。)
ヒナが幸せに暮らしている現代では、梵天の首領となって闇堕ちしているマイキーを救うためにタイムリープしようとしたことがあります

でも、そのときはタケミチとナオトが握手をしてもタイムリープは発動せず、ただ単に握手をしただけ、という結果となりました。

タイムリープの条件とは?

次のような条件が成立しないとタイムリープは発動しないのだと思われます。

タケミチがヒナを救いたいと強く思っていること。
ナオトが姉のヒナを救ってほしいと強く願っていること。

上記のことを踏まえると、タイムリープの条件は次のようになります。

【タイムリープができる条件】
タケミチがその相手を救いたいと強く思っていること
握手される側の人間も、その相手を救ってほしいと強く願っていること

この二つの条件をクリアーしないとタイムリープは発動しないのではないか。

タケミチが梵天の首領となったマイキーについて、なぜそのようになってしまったのかを探るために過去へタイムリープしようとしたときは、

タケミチはマイキーを救いたいと強く思っていた

ナオトはタケミチがどうしても過去へタイムリープしたいと言うので、仕方なく握手をした

このような状況では、「タイムリープの条件」を満たしていないため、タイムリープは発動されなかった。

今度、タケミチがマイキーを救うためにタイムリープするためには、次のような条件が必要となる(はずです)。

タケミチがマイキーを救いたいと強く思うこと。←これはクリアーしていますね。

タケミチはマイキーにも幸せになってほしいと強く願っているから。

マイキーに銃で3発も撃たれたのに、「君のためなら何度でも助けに行くよ」ととぎれとぎれの声で言っていたもの。

握手をされるもうひとりも、マイキーを救ってほしいと強く願うこと

これはマイキー自身が、自分を救ってほしいと強く思えばいい

というか、マイキーは本心は自分ではどうにも制御できない「黒い衝動」があるので、なんとかして自分自身を救ってほしいと心の底では思っているはず

マイキーが12年前のタイムカプセルにビデオレターをタケミチ宛に撮影したのも、自分を救ってほしいというメッセージも込めていたのではないか。

もちろん、ビデオレターの本来の役割は、マイキーが12年後どのような人物になっているかはわからないが、周りを不幸にしているに違いないから、みんなを巻き込みたくない。

巻き込みたくないから、オレに近づくなと警告するためのもの

特にタケミチはタイムリープできるから、過去に戻ってマイキーを救おうとするだろうから、救うなと警告している。

結局マイキーは、自分の弱いところを他人には見せないし、頼ろうともしない

本当は苦しくて仕方ないはずなのに、マイキーは一人で抱えて苦しんじゃう。

マイキーは自分のことは犠牲にして、東京卍會のみんなとヒナたちを守ることを最優先にしてくれている

なんてマイキーってイイやつなんだろう。こんなイイやつが闇落ちしてるなんて切なすぎるよ。

タケミチとマイキーが握手したらタイムリープは発動する?

タケミチは現代でようやくマイキーに会うことができました。

でも、マイキーはタケミチに向かって銃を3発放ちました

撃たれたタケミチだけど、意識が薄れつつある状態のタケミチだけど、「助けに行くよ。何度だって助けに行くよ。君の為なら何度でも」ととぎれとぎれに言いました

その後、マイキーは「ここで全部終わらせる」と言って屋上へあがり、飛び降りてしまいます。

飛び降りるときには兄の真一郎やエマ、バジ(場地圭介)、東京卍會のメンバーを思い出し、「いくぞオマエら!!」と言ってニッと笑ってから飛び降ります。

落ちていく途中でタケミチの手がマイキーの腕をつかみ、「君を死なせない!」と叫びます

腕を掴んだ手はだんだんとずれていき、最終的には手を繋ぐ形になると思われます。

そうしたら握手をしている形となるので、そのときにタイムリープが発動するのではと推察。

タケミチはマイキーを救いたいと強く思っている

たぶん、マイキーも心の底では今の自分を救ってほしいと願っているはず。

互いに「マイキーを救いたい」ということで思いが一致しています。

思いが一致していて、握手をすることでタケミチはタイムリープしていると考えると、過去にタイムリープすることができるはず!
この答え合わせは、2021年4月28日の週刊少年マガジンを読んでからになりますね。(^_-)-☆

4月28日発売の週刊少年マガジンを読んで、答え合わせしました!

さあ、私の考えていた【タイムリープの条件】はあっていたのか? はてさて?

タケミチはマイキーを救うためタイムリープできたのか?

(東京リベンジャーズ様よりお借りしました。)
私が以前ブログで書いた【タイムリープができる条件】が合っているのかどうかも検証していきますね。

タイムリープするには、タケミチ&ナオトじゃないといけないのか。

それとも、条件を満たせば、タケミチ&誰か(助けて欲しいと思っている人)でもタイムリープが可能なのか。

では、見ていきましょう。


状況的には、マイキーに銃で撃たれたタケミチは意識で飛びそうになっているので、マイキーにタケミチの手を掴むように急かしている。

そして、タケミチはマイキーにこう言います。

オレが絶対助けるから・・・
何度でも過去に戻って、何度でも・・・



マイキーは気がついたらタケミチを撃ってたと言っていた。


きっと銃で打つ瞬間まではマイキーは「黒い衝動」によって動かされていたから、本来のマイキーの状態になったときには、タケミチを撃ってしまっていたのでしょう。

マイキーの本心は?

タケミチは意識が飛びそうな状況であるにも関わらず、マイキーの腕を掴んでいる

少しずつずれていき、腕から手首へとずり落ちそうになっている。


マイキーはタケミチに「もう楽にさせてくれ」と言った


マイキーは以前のときにも、「オレを殺してくれ」とタケミチに頼んだことがあった

黒髪のマイキーのときね。←私は黒髪のマイキーが一番好きだな。あ、そんなことどーでもいいよね。^^;


マイキーは苦しんでいてもがいている

どうにもできなくなると、「死ぬこと」を選択してしまうマイキー

今回は、屋上から投身自殺をすることを選んだよね。

本当は死ぬんじゃなくて、生きていたいはずなのに。現状の苦しくてもがいている状況をなんとかしたいはずなのに


このマイキーの思いを見透かしているかのように、タケミチはマイキーに、「マイキーは後悔している」と指摘する。

マイキーの本心をズバリと言い当ててしまうタケミチ

弱い部分を出していいと伝えるタケミチ

マイキーが「楽にさせてくれと言った言葉に対して、タケミチは「うるせぇええ」って泣き叫んだ

そして、今までのマイキーの行動を振り返って、次のように叫んだ!

アンタ(マイキーのことね)はいつもそうだ。なんでもかんでも一人で背負いやがって

オイ万次郎、一度でいい ”助けてください”って言えやぁああ!

オマエを絶ッ対ェ助けてやる、万次郎

東京リベンジャーズのタケミチのセリフより


タケミチ自身、3発も銃弾をあびている身体でボロボロのはずなのに、マイキーのことを助けたい一心で叫んでいた

助けてくれと言えたマイキー

(東京リベンジャーズ様よりお借りしました。)
タケミチに「助けてやる、万次郎」と言われ、ハッとした顔になったマイキー

マイキーの目に涙が溢れてきて、「助けてくれ、タケミっち」と言ったのだ。

今まで弱い部分は兄妹の佐野真一郎かエマにしか見せていなかったはず。

それが今回はタケミチに対して、今まで弱い部分は決して外の人間には見せなかったマイキーがやっとマイキー自身の本心が言えた

それが今回、タケミチの「オイ万次郎、一度でいい ”助けてください”って言えやぁああ!」の言葉によって、弱い部分をタケミチに見せたマイキー

マイキーに対して、こうやって自分の弱い部分を信頼できる他人には見せて大丈夫なんだよ、と伝えてあげたくなる場面でした。

(もうこの場面、うるうるよ。うるうるどころじゃないな、ボロボロ泣いちゃったよ。(;;))

タイムリープする条件が整った?

上記のようなやり取りをして、マイキーがタケミチに「助けてくれ、タケミっち」と言った

その後、マイキーの手首を掴んでいたタケミチの手がずるずるとずれていき、握手する形になった


以前、タケミチがタイムリープするときはナオトと握手をしたらタイムリープできた。


今回のタケミチとマイキーも形としては握手をする形となった



すると・・・

タケミチはもうタイムリープできなくなっていたはずなのに・・・


ドクン!ってなって、


タイムリープできた!!


タケミチは2008年6月にタイムリープ

ベットの上で寝ていて、母親が早く着替えるようにと起こしに来ていた。

タケミチは高校生になっていた!


上記のことを踏まえて考えてみると、やっぱりタイムリープする条件は、私が以前に書いた【タイムリープができる条件】が正しかったということが証明された!わーい。


マイキーが「助けてくれ、タケミっち」と本心を言えたことにより、タケミチはタイムリープできました

あーよかった。(*^o^*)

まとめ

タケミチはマイキーを救えるのかについては、
銃で撃たれたにも関わらず、タケミチはマイキーに「君のためなら何度でも助けに行くよ」と伝えた

今後どのような展開になるのかはまだわかりません。

でも、タケミチはマイキーを助けたい一心ですので、きっと救えると思います。というか救えると思いたい!

タケミチは再びタイムリープするのかについては、
タイムリープの条件を備えていればタイムリープできるはず!

私が推察しているタイムリープの条件はこちら。
タケミチがその相手を救いたいと強く思っていること
握手する相手も、タケミチが思っているようにその相手を救ってほしいと強く思っていること

ヒナの場合は、タケミチとナオトでしたが、マイキーの場合は、タケミチとマイキーが握手をすればタイムリープできるのではないか。

すごく私の勝手な考察ですが、上記のような条件だといいな。

もしかしたら、タケミチが落ちてきたマイキーの腕を掴んでいて、その後すぐにナオトがタケミチのところに来て、タケミチのもう片方の手を引っ張る!という状況となり、タイムリープできるのかも

これはあくまで妄想なので、すごくぶっ飛んでますよね。

ナオトがタケミチの後をつけていないとこんな状況にはなりませんからね。

まあ、どちらにしても2021年4月28日以降の週刊少年マガジンで答え合わせとなります。

それまでいろいろと妄想を膨らませておきます。(^_-)-☆

4月28日が過ぎたので・・・

タケミチはマイキーを救うためタイムリープできたのかについては、

タケミチはタイムリープできました!! やったぁー!\(^o^)/

マイキーに銃で撃たれたタケミチは意識で飛びそうになっているのに、それでもマイキーを救いたい一心。

「オレが絶対助けるから・・・何度でも過去に戻って、何度でも・・・」

タケミチはマイキーの本心がわかっているから、マイキーの思いを見透かしているかのように、タケミチはマイキーに、「マイキーは後悔している」と指摘する。

今まで弱い部分は決して外の人間には見せなかったマイキーがやっとマイキー自身の本心が言えた

マイキーの目に涙が溢れてきて。「助けてくれ、タケミっち」と言った

その後、マイキーの手首を掴んでいたタケミチの手がずるずるとずれていき、握手する形になった

すると・・・

タケミチはもうタイムリープできなくなっていたはずなのに・・・ドクン!ってなって、タイムリープできた!


さあ、ここからまた新しい展開が始まりますね。

ここからはマイキーを救うためのお話が展開されていきます。

マイキーにも現代で幸せになってもらいたいからね。

タケミチがタイムリープできてよかったよ。これからの展開も楽しみですよね。(^_-)-☆


\最新話を今すぐ無料で読むならここ↓/


『東京リベンジャーズ』にハマり、週刊少年マガジンまで読み出しています。

2021年4月から『東京リベンジャーズ』のTVアニメで知って、単行本を読み出して、週刊少年マガジンにいきついたという方、是非お友達になりましょう。^^

もうね、本当にハマりますよね。

こんなにヤンキーマンガが面白いなんて、こんなに自分がヤンキーマンガにハマるなんて思っていなかった。

でも、続きがどうしても気になってしまい、週刊少年マガジンを読み出すことになってしまった私。

もう毎週水曜日が待ち遠しくって。←こんなにハマるとは正直思っていなかった。

でも、ハマったからにはたくさんの方に『東京リベンジャーズ』のマンガを知ってもらいたいなぁ。

※登録時に600ポイント付与されるので、週刊少年マガジンは2週間分を無料で読めますよ!
※31日間無料期間中は、『東京リベンジャーズ』アニメ(見放題)も見ることができますよ!

【関連記事】

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

また、次回のブログでお会いしましょう。(^^)/~~~

スポンサーリンク
おすすめの記事